ページの先頭です。


キヤノン、Wi-FiとNFC機能を搭載したエントリモデル「EOS Kiss X80」

2016/03/14 16:17

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 キヤノンは3月14日、初心者向けデジタル一眼レフカメラとして「EOS Kiss X80」を4月14日に発売すると発表した。価格はオープンで、直販サイトの税別価格はボディのみが4万5800円、18-55 IIレンズキットが5万4800円。

デジタル一眼レフカメラのエントリモデル「EOS Kiss X80」

 「EOS Kiss X80」は、2014年3月に発売した「EOS Kiss X70」の後継機。新たにWi-FiとNFC機能を搭載し、撮影した写真をその場でスマートフォンやタブレットに転送し、SNSなどを通じて共有できる。携帯端末からのリモート撮影も可能。フォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」に本機をかざすことで画像を簡単に保存、整理できる。

 「X70」と変わらず、有効画素数約1800万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用。画像処理エンジンは「DIGIC 4+」に進化した。モードダイヤルの「かんたん撮影ゾーン」による九つのシーンに応じたオート撮影設定や、クイック設定機能、機能ガイドなどを搭載し、初めてデジタル一眼レフカメラを使用するユーザーでも本格的な撮影が楽しめる。

 常用 ISO 感度は、ISO 100~6400(拡張 ISO 12800)を実現。撮影シーンをカメラが自動で判別し最適な設定を行う「シーンインテリジェントオート」モードで、簡単に美しい写真が撮影できる。

 視野率約95%、倍率約0.8倍の光学ファインダーとホールド性にすぐれたグリップを採用。ファインダーをのぞきながら、しっかりとカメラを構えることができ、手ブレを抑えてピントを正確に合わせながら撮影できる。サイズは幅129.0×高さ101.3×奥行き77.6mm、重さは約485g。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング