ページの先頭です。


ウエスタンデジタル、NAS/監視用途向けの内蔵HDDに8TBモデルを追加

2016/03/03 17:39

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ウエスタンデジタルジャパンは、ネットワーク接続ストレージ(NAS)向けの内蔵HDD「WD Red」および「WD Red Pro」、ビデオ監視システム向けの内蔵HDD「WD Purple」の8TBモデルを3月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

(左から)WD Red、WD Red Pro、WD Purple

 「WD Red」「WD Red Pro」「WD Purple」いずれも、目的主導型エンジニアリングと、ヘリウム充填技術「HelioSeal」の採用によって、それぞれの用途に合わせて効率的なパフォーマンスを実現した。集中型リッチコンテンツの普及にともなう、より大容量のストレージへのニーズの高まりを受けて、新たに8TBモデルを追加する。

 「WD Red」は、個人ユーザー、ホームオフィス、スモールビジネス向けのNASシステムに適した内蔵HDD。8TBモデルの税込の実勢価格は3万9800円前後の見込み。

 「WD Red Pro」は、中小企業や大企業のNASシステム向けに最適化した、パフォーマンスと信頼性に優れる内蔵HDD。

 「WD Purple」は、HDDを8基まで、カメラを32基まで搭載する、常時稼働の高解像度監視セキュリティシステム向けの内蔵HDD。8TBモデルの税込の実勢価格は3万9800円前後の見込み。

PR

この記事の写真

関連キーワード


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング