ページの先頭です。


イオンモバイルがMVNO事業者に、500MB~50GBまで29プランのサービス提供

2016/02/19 17:02

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 モバイル通信サービス「イオンモバイル」を提供するイオンリテールは、2月26日にMVNO事業者(仮想移動体通信事業者)となり、より多彩な料金プランや、充実したアフターサービスの提供を開始する。

「イオンモバイル」が2月26日、MVNO事業者に

 MVNO事業者としての新たな取り組みとして、高速データ通信容量500MB~50GBの料金プラン計29種類(音声プラン、データプラン、シェア音声プラン)を用意するとともに、修理や故障を全国213店舗の「イオンモバイル」コーナーで受け付ける。

新サービスについて説明する住居余暇商品企画本部
デジタル事業部の橋本昌一部長

 従来提供していた、スマートフォンの初期設定を行ってからのユーザーへの引き渡しや、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)対応、フリーダイヤルによる問い合わせ窓口、解約金/契約期間の縛りなし、3種類の購入方法の提供、31日間無料の「イオンモバイル安心パック」は、今後も引き続き提供を行う。

 なお、MVNO事業者への移行にあわせて、2月26日~3月31日の期間に、「2GBプラン特別価格キャンペーン」と「スマホ&ルータ特別価格キャンペーン」を実施する。

豊富なプランと端末を用意

 「2GBプラン特別価格キャンペーン」では、2GBプラン加入者の通信料金を、2017年3月分まで「音声2GBプラン」なら月額980円(通常は月額1380円)、「データ2GBプラン」なら月額480円(通常は月額780円)の特別価格で提供を行う(いずれも税別)。

 「スマホ&ルータ特別価格キャンペーン」では、「イオンスマホ」の「ARROWS M01」を1万4800円(通常は2万9800円)、「イオンモバイル」のモバイル無線ルータ「Aterm MR04LN AB」を1万9800円(通常は2万5920円)の特別価格で販売する(いずれも税別。1人1台限り)。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング