ページの先頭です。


ケイ・オプティコムが電力小売サービスに参入、申込受付を開始

2016/01/08 12:28

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ケイ・オプティコムは、4月1日からの電力小売の全面自由化にともない、電力小売サービス「eo電気」の提供を開始する。1月7日から申込受付を開始し、契約事務手数料と解約積算金を無料にするキャンペーン「eo電気スタート割」をあわせて行う。

「eo電気」のウェブページ

 電気の使用量が多い家庭ほどおトク率がアップする料金設定で、「eo電気スタート割」を適用した場合、関西電力の「従量電灯A」と比較して年間約1万3100円の価格差が発生する。

「eo電気スタート割」適用時の税込価格

 料金は、「eo光ネット」「eo光電話」「eo光テレビ」とまとめて支払うことが可能で、会員向けのウェブサービス「マイページ」において各種手続きや料金の確認などをまとめて行うことができる。

 電力会社からの乗り換えにあたって、家庭内での工事は不要で、電力会社の解約手続きもケイ・オプティコムが代行する。

 「eo電気シンプルプラン」の税込の月額料金は、1契約ごとの基本料金が1296円、1kWhあたりの電力量料金が25.92円。さらに、燃料費調整額が加減算されるとともに、再生可能エネルギー発電促賦課金が加算される。また、1契約あたりの契約事務手数料および解約積算金は、どちらも税込3240円。

eo電気スタート割

 「eo電気スタート割」では、3月31日までの「eo電気」を申し込んだユーザーを対象に、最大7776円(月額648円×12か月)を割り引く。あわせて、契約事務手数料と解約積算金を無料にする。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング