ページの先頭です。


SIMフリースマホの市場拡大に貢献した、ASUSのスマホを振り返る

2015/12/14 11:00

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 「Zen」ブランドを冠した初めてのSIMフリーのスマートフォン(スマホ)、ZenFone 5。2014年11月、ASUSが日本のSIMフリースマホ市場に本格参入を果たした最初のモデルだ。これが一つのきっかけになって日本のSIMフリースマホ市場は立ち上がった。そして15年5月に「性能怪獣」ZenFone2、8月にZenFone 2 Laser(5インチ版)、9月にZenFone Selfie、11月にZenFone 2 Laser(6インチ版)と矢継ぎ早に新製品を投入するなど、日本市場に力を入れている。日本のSIMフリースマホ市場を引っぱってきたASUSのこれまでの動きをまとめた。

 ファーウェイとLGが大きな勢力を占めていたSIMフリースマホ市場に、ASUSが本格参入を果たしたのが2014年11月。ZenFone5の投入からだ。それまでPCで展開していたZenシリーズをスマホにも拡大。Zenシリーズが持つ洗練されたデザインコンセプトをスマホに受け継ぎ、クアッドコアCPUを採用するなどの高いパフォーマンスがユーザーに支持された。その結果ASUSは、発売の初月にいきなり47.6%でSIMフリースマホのトップシェアに躍り出た。スマホに占めるSIMフリーモデルの割合も、14年10月までは5%にも満たなかったが、11月には5.8%と一気に6%に迫るまでに拡大。翌月はさらに9.4%と1割近くまで構成比が上昇し、日本のSIMフリースマホブームの火付け役になった。


 SIMフリースマホの構成比が16.0%と当面のピークを迎えたのは15年5月。ベンチャーのプラスワン・マーケティングやコヴィアの新製品が徐々に売れ始めたことも要因の一つ。だが最も影響力が大きかったのはASUSのZonFone2発売だ。画面サイズも5.5インチと一回り大きくなり、画面解像度が1980×1080と向上、CPUにPC並みのIntel Atom Z3560を搭載し、まるでPCのようだと評されるほどのハイパフォーマンスのフラッグシップモデル。ASUSが自ら「性能怪獣」とニックネームを付けたほどだ。製品発表会のために来日したジョニー・シー会長も「世界で通用するモデルにブレークスルーすることができた」と満足げに語っていた。やたら頭が大きい、同社のスマホのマスコット「禅太郎」が登場したのもこのときだ。

性能怪獣ZenFone 2を手にするジョニー・シー会長と禅太郎

 5インチのZenFone 5と、性能怪獣のZenFone 2の2モデルで日本のSIMフリースマホ市場を席巻したASUSは、15年のSIMフリースマホ市場で上半期No.1を獲得した。ASUSのシンシア・テン マーケティング部長にその理由を聞いたところ、ZenFoneシリーズの基本性能もさることながら、「日本向けに徹底的なローカライズとチューニングを施したことも、日本市場でブレイクした要因ではないか」と分析する。「電波は生モノ」とよく言われるが、地形や気候によってつながりやすさが左右されることも珍しくない。そうした日本独特の環境にしっかり適合させるため、担当チームが全国に飛んでデータを集め、細かな調整を繰り返したという。そうした地道な努力も、上半期No.1の獲得の一因となったのだろう。

ZenFone Selfieを手に、上半期No.1の要因分析をする、
シンシア・テン マーケティング部長

 夏場を迎え息を吹き返してきたのがファーウェイだ。新製品投入の効果が出て、7月-9月の3か月間トップに立った。しかしASUSも負けじと、レーザー光線を使って高速にカメラのピントを合わせることができるZenFone 2 Laser(5インチ版)や美人エフェクトなどで自撮りがキレイに撮れるZenfone Selfie、ZenFone 2 Laserの6インチ版などを投入。ZenFoneシリーズのラインアップを一気に広げ、テコ入れを図ることで、10月、11月とトップに返り咲いた。1月には15年の年間トップシェアを表彰するBCN AWARDの受賞企業が決まる。年末商戦まっただ中。上位2社での熾烈なトップ争いが展開している。SIMフリースマホ市場で栄冠を獲得するはどこか。大いに注目だ。

左がZenFone 2 Laser(5インチ版)、右がZenFone 2 Laser(6インチ版)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング