ページの先頭です。


パナソニックがコンパクトなルームエアコン、高い暖房性能と省エネ性能

2015/12/02 17:43

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 パナソニックは、高い暖房性能と省エネ性能を実現し、コンパクトサイズでスペースを選ばず設置可能なルームエアコン「SXシリーズ」5モデルを2016年1月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

SXシリーズ

 従来の省エネタイプでは設置できなかった、窓上など限られたスペースへの設置に対応しつつ、高い暖房性能やデザイン性を両立したコンパクトモデル。大型ファンと上下フラップによって、暖房時の吹き出し温度は約55度を実現し、大型フラップで約35度の足下暖房を可能にした。

 室内機の内部スペースには、「ハイブリッド熱交換器」や、「ハイパーウェーブインバーター」搭載コンプレッサーなど最高級機種と同じ技術を採用するとともに、コンパクトなサイズに合わせた高効率な風回路の設計で、高い省エネ性能を実現する。また、人の在・不在を検知して運転を停止する「ひと・ものセンサー」や、部屋に入る日射しを見極めてセーブ運転を行う「日射センサー」といったエコナビ機能を備える。

 このほか、使用していない時期でも内部の温度や湿度をチェックして、カビが成長しやすい条件が一定時間続いた場合は自動で内部を高温加熱・乾燥し、カビの成長を抑える「カビみはり」機能や、部屋の空気の汚れを抑制し、うるおい美肌・美髪空間に導く「ナノイー」を搭載する。

 単相100Vモデルの税別の実勢価格は、冷房2.2kW/暖房2.2kWの「CS-SX226C」が21万円前後、冷房2.5kW/暖房2.8kWの「CS-SX256C」が22万円前後、冷房2.8kW/暖房3.6kWの「CS-SX286C」が23万円前後の見込み。

 単相200Vモデルの税別の実勢価格は、冷房4.0kW/暖房5.0kWの「CS-SX406C2」が25万円前後、冷房5.6kW/暖房6.7kWの「CS-SX566C2」が28万円前後の見込み。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング