ページの先頭です。


4K放送が年内にも1400万世帯で視聴可能に、「ケーブル4K」開局

2015/12/01 18:17

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 12月1日、ケーブルテレビ業界共通の4K放送専門チャンネル「ケーブル4K」がスタートした。11時の開局に合わせ、東京スカイツリータウンの東京ソラマチにあるJ:COM Wonder Studioで概要説明やテープカットなどの記念セレモニーを開催した。

2015年12月1日11時、「ケーブル4K」開局を記念してテープカットが行われた。
左から、日本ケーブルテレビ連盟 4K/8K推進委員会の大橋弘明 委員長、日本CATV技術協会の山口正裕 理事長、
日本放送協会の堂元光 副会長、松下新平 総務副大臣、日本ケーブルテレビ連盟の西條温 理事長、次世代放送推進フォーラムの須藤修 理事長、衛星放送協会の和崎信哉 会長、ジュピターテレコムの佐々木新一代表取締役会長

 テープカットに続いて日本ケーブルテレビ連盟の西條 温理事長が「2015年中に実用放送を開始するという国のロードマップに沿って、1年半かけて準備してきた。スタート時はケーブルテレビ局39社が放送実施。年末には45社に拡大し、1400万世帯で4Kが視聴できる環境が整う。4K見るならケーブルテレビと言っていただけるよう引き続き努力していきたい」と挨拶した

年末には放送実施局が45社に拡大し、1400万世帯で4Kが視聴できる環境が整うと語る、
日本ケーブルテレビ連盟の西條 温理事長

 来賓として招かれた松下新平 総務副大臣は「ケーブルテレビのファンとして、ケーブル4Kの開局を楽しみにしていた。ケーブルテレビが始まって今年で60周年だが、その節目に新たなスタートを切ることができた。今後も総務省として、全面的に応援する」と話した。

総務省としても全面的に支援すると語る、松下新平 総務副大臣

 また、次世代放送推進フォーラムの須藤修 理事長は「心よりおめでとうございます。そしてありがとうございますと申し上げたい。高品質化と多様化を狙って、ケーブル局同士が全国規模でオンライン接続しコンテンツを交換できるシステムを運用するとも聞いている。ケーブル4k放送の開始は、まさに一つのエポックをなすことになる」と語った。

ケーブル4k放送の開始は、まさに一つのエポックをなすと語る、
次世代放送推進フォーラムの須藤修 理事長

 ケーブル4Kは、日本デジタル配信が運営する4K専門のケーブルテレビチャンネル。各地のケーブルテレビ局が制作したコンテンツを中心に、地域の文化や魅力を全国に配信するもの。ケーブルテレビ業界初の「全国統一編成」による4K放送チャンネルで110社を超えるケーブルテレビ局が採用の意向を示している。主な番組は「西部警察 全国キャラバン!! ロケ地巡礼 北海道編」「富士の四季~春~」「色はにほへと~4Kで撮る日本の色~」「秋田美どころ 新作花火コレクション2015」など。放映時間は毎日6時~24時の18時間。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング