ページの先頭です。


【TGS2015】東京ゲームショウ開幕、VRや動画配信ブース、海外企業に注目

2015/09/17 16:59

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 世界最大のコンピュータエンタテインメントショー「東京ゲームショウ2015(TGS2015)」が9月17日、千葉・幕張メッセで開幕した。過去最多の480社(昨年は421社)、出展小間数は2009小間(昨年は1715小間)が出展。このうち246社と過半数を海外の企業や団体が占める。

「東京ゲームショウ2015」開幕!

 オープニングセレモニーでは、主催するコンピュータエンターテインメント協会(CESA)の岡村秀樹 会長は、25年目となる本イベントを振り返り「規模の拡大だけでなく、中身も大きく変容してきた」とコメント。「スマートデバイスをプラットフォームとするゲームは出展全体の約4割に達しているし、VRのようなまったく新しいゲーム体験も登場している」と、ゲームをとりまく環境が大きく変化してきたと述べた。

25年目のゲームショウを振り返るCESAの岡村会長

 「『アジア最大のイベント』を目標に、CESAと海外企業の誘致に奮闘した。おかげさまで、海を越えて多くのゲーム関係者が集まりグローバル色が強くなった。言語を異にする人にも魅力を伝えるため、動画配信にも注目し、多くの主要企業に参加していただいた」と、戦略を語ったのは共催する日経BP社の長田公平社長。今回「Youtube」や「Twitch」など、世界的な動画配信プラットフォームが数多くブースを構えた。主要な出展ブースからはニコニコ生放送で生中継も行われる。

「海外企業の誘致や動画配信に注力した」と語る日経BP社の長田社長

 例年以上にネームバリューのあるコンテンツが目白押しのTGS2015。スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」シリーズや、カプコンの「モンスターハンター」「ストリートファイター」シリーズといった国民的人気を誇るソフトが揃い、初出し情報や体験コーナーに期待が集まっている。昨年からいくつかのブースで展開していたVR(仮想現実)デバイスもさらに充実。これまで情報だけが先行していたコンテンツを数多く体験できるとあって、各ブースには長蛇の行列ができるのは必至だろう。

ソニー・コンピュータエンタテインメントの「PlayStationVR」

 TGS2015の来場者は22万人を見込み、9月20日まで開催される。入場料は中学生以上が1200円、小学生以下は無料。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング