ページの先頭です。


シュナイダー、モバイルバッテリとしても使えるネットワーク機器向けUPS

2015/09/02 18:48

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 シュナイダーエレクトリックは、モバイルバッテリとしても使用可能なネットワーク機器向けUPS(無停電電源装置)「ネットワークバッテリバックアップ+モバイル電源パック:BGE50ML-JP」を10月下旬に発売する。税込価格は3万2400円。

BGE50ML-JP

 在宅時はネットワーク機器向けUPSとして、外出時にはバッテリ部分(モバイル電源パック)を取り外してモバイルバッテリとして使える。ネットワーク機器向けUPSとしては、突然発生する停電や電源障害時に、IP電話機やADSLモデム、無線LANルータなどに給電し、使用できるようにする。バックアップ時間は、負荷10W時が2.5時間、負荷50W時が33分。インターフェースは、出力コンセント×2基、USB充電ポート×3基を備える。

 モバイル電源パック「M12USWH-JP」は、スマートフォンなら約5回、タブレットなら端末1~2回の充電が可能で、単体販売も行う。サイズは幅13.0×高さ2.2×奥行き7.4cmで、重さは267g。税込価格は1万4688円。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング