ページの先頭です。


オリンパス、5軸手ブレ補正機構を搭載したファミリー向けミラーレス一眼

2015/08/26 13:16

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 オリンパスは、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラの新製品として、5軸手ブレ補正機構を備えた「OM-D E-M10 Mark II」を9月4日に発売する。カラーは、ブラック、シルバーの2色。価格はオープン。

OM-D E-M10 Mark II

 有効画素数1605万画素のLive MOSセンサを搭載。エントリーモデルとしてははじめて、上位機種「E-M1」や「E-M5 Mark II」が採用する、一般的な縦・横2方向の角度ぶれに加えて、回転ぶれやシフトぶれの計5方向のぶれに対応したVCM方式5軸手ブレ補正機構を備えており、シャッター速度4段分の補正を可能にした。

 ミラーレス一眼なので、本体は同クラスの一眼レフカメラと比較して格段にコンパクトで、クラシックスタイルのデザインを採用するとともに、ダイヤル群には金属素材、グリップ部分には革調素材を使用することで、高い質感を実現する。なお、ダイヤルやボタンは配置や形状にこだわり、ファインダーを覗いたまま快適に操作できる。

 このほか、液晶モニタに触れるだけでピントを合わせ、シャッターチャンスを逃さず撮れる「タッチAFシャッター」や、直射日光下など液晶モニタが見えにくい場合でも快適に撮影が可能な、視野率約100%、倍率1.23倍(35mmフィルム換算で0.62倍)の電子ビューファインダーを搭載する。

 対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-I/IIメディアやEye-Fiカードにも対応する。サイズは幅119.5×高さ83.1×奥行き46.7mmで、重さは約390g。

 税別の実勢価格は、ボディのみが8万円前後、交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」が付属する「14-42mm EZレンズキット」が9万5000円前後、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」の2本のレンズが付属する「EZダブルズームキット」が11万円前後の見込み。

 8月26日~11月1日の期間には、対象商品の購入者を対象としたキャンペーン「オリンパスのプレミアムカメラをお得にGET!最大¥10,000- キャッシュバックキャンペーン」を実施する。

 対象商品は、「OM-D E-M1」(ボディ、12-40mm F2.8レンズキット、12-50mm EZレンズキット)、「OM-D E-M5 Mark II」(ボディ、12-50mm EZレンズキット、14-150mm IIレンズキット、Limited Edition Kit)、「OM-D E-M10 Mark II」(ボディ、14-42mm EZレンズキット、EZダブルズームキット)、「STYLUS1s」。

 さらに、一般ユーザーからスマートフォンユーザーまで、世界中のあらゆるフォトグラファーが参加できる「OLYMPUS グローバルオープンフォトコンテスト 2015 (Olympus Global Open Photo Contest 2015)」を開催する。

 応募テーマは、ライフ部門が「誕生」、フューチャー部門が「大切にしたい風景」、ヒューマン部門が「笑顔」、テクニカル部門が「マクロ」「アート」。応募期間は8月25日~11月20日11時。

PR

この記事の写真


おすすめの関連記事

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング