ページの先頭です。


タイ語・ベトナム語辞典を収録した電子辞書、業界で初めてカシオから

2015/08/06 15:52

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 カシオ計算機は、電子辞書「EX-word(エクスワード)」シリーズの新製品として、業界で初めてタイ語・ベトナム語辞典を収録した「XD-CV810」などコンパクトモデル4機種と、英語力を高めるコンテンツを充実させたビジネスモデル「XD-K8700」など2機種を8月21日に発売する。

業界初のタイ語・ベトナム語モデル「XD-CV810」

 コンパクトモデル「XD-CV810」は、業界で初めてタイ語・ベトナム語辞典を収録。タイ語・ベトナム語のネイティブ発音機能やタイ語を文字の形から検索できる機能、ASEAN 5か国(タイ語・インドネシア語・ベトナム語・フィリピン語・マレーシア語)と英語の旅行会話集を合計約1万例文を備え、海外出張や海外旅行をサポートする。

 サイズは、幅108.5×奥行87.0×高さ19.5(最厚部)mmで、重さは約175g。3.4型カラー液晶、ヘッドホン端子を搭載する。電源は単3形の乾電池または充電池(eneloop/充電式EVOLTA)×1本。同じくコンパクトモデルで中国語、韓国語、英語にそれぞれ特化した「XD-CV730」「XD-CV760」「XD-CV900」も発売する。カラーは、すべてシルバー。

ビジネスモデル「XD-K8700」と生活・教養モデル「XD-K6700」の共通カラー、ブラックとレッド

 ビジネスモデル「XD-K8700」は、実践的な英会話を学ぶことができるコンテンツ『デイビッド・セインのデイリースピーキング』や、録音した自身の発音の解析と具体的な直し方を教えてくれる機能「発音トレーニング」を新たに収録。豊富な英語系辞書と、TOEICやTOEFLの問題集などと合わせて、リーディング、リスニング、スピーキングなどさまざまな面から英語力の向上を支援する。

左から、「XD-K8700」のコーラルピンク、ターコイズブルー、「XD-K6700」のシャンパンゴールド、シルバー

 初めての山歩きから本格的な登山目標までを収録した『新版 日本三百名山 登山ガイド』や『ヤマケイアルペンガイド NEXT 関東周辺/関西周辺 週末の山登りベスト120』を収録した生活・教養モデル「XD-K6700」も発売する。

 「XD-K8700」「XD-K6700」のサイズは、幅148.0×奥行105.5×高さ18.5(最厚部)mmで、重さは約265g。5.3型タッチパネル、マイクロUSB端子、ヘッドホン端子、約100MBの内蔵メモリを備える。電源は単3形の乾電池または充電池(eneloop/充電式EVOLTA)×2本。カラーは、「XD-K8700」「XD-K6700」各4色を用意。それぞれ、ブラックとレッドに加え、「XD-K8700」にはコーラルピンクとターコイズブルーを、「XD-K6700」にはシャンパンゴールドとシルバーをラインアップする。

 価格はオープン。税別実勢価格は、「XD-CV810」「XD-CV730」「XD-CV760」が2万円前後、「XD-CV900」が2万5000円前後、「XD-K8700」が4万円前後、「XD-K6700」が3万5000円前後の見込み。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング