ページの先頭です。


ロボット掃除機頂上対決! リビングダイニングで実力を比較(1/4)

2015/07/31 13:21

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 家電量販店の店頭にずらりと並ぶロボット掃除機。忙しい日々を送る家族を、毎日の掃除機がけから解放してくれる実力派の人気家電だ。ロボット掃除機は留守の間に使うことが多いだけに、安心して使えて満足度も高いモデルを選びたい。そこで、いま注目の3モデルの実力テストを実施した。

(左上から)「ルーロ MC-RS1」「トルネオロボ VC-RCX1」「ルンバ 885」

いま注目の3モデルがリビングダイニングでガチンコ対決!



 今回テストに使ったのは、ロボット掃除機の代名詞、アイロボットの「ルンバ 885」、クリーナーメーカーの雄、東芝の「トルネオロボ VC-RCX1」、円形の製品が多いなか、三角形のデザインを採用したパナソニックの「ルーロ MC-RS1」の3モデルだ。

 「ルンバ 885」は、ロボット専業メーカーが開発した超実力派のロボット掃除機だ。基本性能が高く、段差や障害物にも強い。「トルネオロボ VC-RCX1」は、本体に集めたゴミを充電器のダストステーションで充電時に吸い取るという便利な機構を持つ。「ルーロ MC-RS1」は、微細なゴミも検知する「ハウスダスト発見センサー」を搭載し、ゴミの量に応じて走行スピードを変化させたり、往復走行したりする。

 カタログなどで各モデルのスペックや特徴を調べることはできるが、実環境でどれだけ掃除ができるか試してみないとわからない。そこで、一般的な家具のある約28畳の広いリビングダイニングで、3モデルをそれぞれ1時間ずつ掃除させ、その動きや清掃能力をチェックした。

テストしたリビングダイニング(左)と撒いた擬似ゴミ(右)

 清掃能力を確かめるため、ゴミが溜まりやすい場所にゴミに見立てたものを散布した。具体的には、部屋の隅に溜まりやすいゴミを想定して、壁ぎわ、窓ぎわに青い砂を50g、パンくずなどの食事で出る粉ゴミを想定して、リビングテーブルのまわりに赤い砂を50g、ソファや家具の下に溜まりやすい綿ぼこりを想定して細かくちぎった綿を、じゅうたんの上には黄色の砂50gと髪の毛を想定して20cmの長さに切った赤い糸をまいた。

壁ぎわ、カーテンの下に青い砂をまいた

テーブル周りに赤い砂、ソファの下に綿、じゅうたんに黄色い砂と赤い糸をまいた

ロボット掃除機の“賢さ”をチェック 部屋中をくまなく動くか



 ゴミを取り込む清掃能力が高くても、ゴミが溜まりやすい場所に行ってくれなくては部屋はきれいにならない。3モデルの掃除中の動きとして、壁ぎわやダイニングテーブルの椅子の下、ソファの下などを掃除できるかを比較した。

 3モデルとも、角度を何度も変えて進むことで掃除が完了するまでに何度か通って最終的にはきれいに掃除するというしくみ。ゴミの量や場所に応じて臨機応変に走行パターンを変えて掃除するという頭のよさが、今回取り上げたようなハイエンドモデルの特徴だ。

 走行音の大きさには3モデルとも大きな違いはないが、東芝の「トルネオロボ」のみ、やや駆動音が抑えられる「マナー」モードがある。ただし留守中に使うことがほとんどのため、現実的には走行音の差はあまり気にならないだろう。

【ルンバ 885】
 平均4回、さまざまな角度で走行する。進行方向の段差を検知して落下を自動回避するほか、付属品の「お部屋ナビ」を設置すると、仮想の壁を作って階段への進入を禁止したり、部屋の境目を指定して効率よく複数の部屋を掃除することもできる。

ルンバ 1本のサイドブラシと2本のローラーを搭載

 サイドブラシを1本備えているが、このサイドブラシをうまく使って部屋の角や壁ぎわなど隅々まで掃除していた。カーテン下までぐいぐい進んで最もゴミを多く取った。また、数十種類のセンサーを駆使し、テーブルや椅子などの脚に沿ってていねいに回り込む。ゴミが多い場所を検知すると、引き返して念入りに掃除しなおした。また、約2cmの段差まで乗り越えられ、狭い場所などにはまってしまったときも脱出する能力が高い。正常に掃除を完了してくれる率が3機種中最も高かった。

【トルネオロボ VC-RCX1】
 超音波センサーと赤外線センサーを搭載し、約7cm以上の段差は検知して引き返して落下を回避する。走行中に右回りと左回りを切り替えて平均4回、さまざまな角度で走行する。また、別売りで、仮想フェンスを実現する「バーチャルガード」や本体内蔵のカメラで撮影する場所を指定する「フォトポインター」が用意されている。

トルネオロボ 2本のサイドブラシと1本の回転ブラシを搭載

 壁ぎわに沿ってまっすぐ進むなど、通った場所はしっかり掃除できる。大きめの本体だが意外にも隅にも強い。ただし、本体のアーム部分にカーテンの裾がひっかかったり、走行中にコードがからまったりするなどのトラブルで、停止する回数がやや多かった。部屋との相性があるようだ。

 テーブルの下や椅子の下では、脚まわりをぐるっと動いたりゴミの多い場所で旋回したりと工夫が見られた。狭い場所にははまらないよう、センサーが検知して入らなかった。

【ルーロ MC-RS1】
 部屋の壁ぎわをぐるりと走行する方式と、ランダムに走行する方式を使い分けて掃除する。また、複数の部屋を、指定したエリアから掃除する「エリアメモリー機能」を搭載している。

ルーロ 2本のサイドブラシと1本の回転ブラシを搭載

 走行は安定していて、トラブルで止まることも比較的少なく優秀だ。ただし意外にも部屋の隅や壁ぎわなどではうまく入り込めない場面が多かった。家具には触る程度のソフトな動作。椅子の脚まわりなどでは、やや小さめの本体を活かして大回りに掃除できる。ただし、小回りが利きすぎてか狭い場所にはまってしまい、出られず停止する場面も見られた。

 また、スペックでは段差は20mmまで乗り越えられるとされているが、実際は「ルンバ」や「トルネオロボ」が乗り越えた場所をルーロが乗り越えられないケースもあった。床面の材質にもよるようだ。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング