ページの先頭です。


ドコモ、手書き文字・イラストで意思を伝える新たな翻訳サービス「ひつだん翻訳」を開発

2015/07/22 12:08

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 NTTドコモは、手書き文字で意思を伝える翻訳サービス「ひつだん翻訳」を新たに開発した。9月上旬に一般ユーザーへのトライアルを提供をする予定。トライアル料金は無料。

手書きの地図にコメントを加えて道案内することができる

 タブレット端末などに書いた言葉や文章をドコモが開発した翻訳サーバーを利用して翻訳するサービス。英語・中国語(簡体字)・韓国語・フランス語の4か国語と日本語の翻訳を利用できる。対応機種は、Android 4.3以上のスマートフォン/タブレット端末。

 手書き文字に加えて、イラスト機能や写真の読込み機能を備え、例えば、手書きで書いた地図にコメントを加えて道案内をするなど、これまでにない新たなコミュニケーションが可能になる。また、耳や言葉の不自由な人も翻訳サービスを利用できるようになる。

 これまで、通訳電話サービス「はなして翻訳」で、会話を中心としたコミュニケーション方法を提供してきたが、ユーザーからは、雑音の多い屋外での利用時に正確に翻訳できないケースや、会話だけではなく手書き文字やイラストなどの筆談での翻訳サービスを利用したいという声が寄せられていた。今回、こうしたニーズに対応し、「ひつだん翻訳」を開発した。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング