ページの先頭です。


撮影した日付と連動して文字盤に写真を表示する時計、博報堂などが開発

2015/03/10 16:26

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 博報堂のプロダクト・イノベーション・プロジェクト「monom(モノム)」は、第二弾プロダクトのコンセプトモデルとして、撮影した日付と連動して家族の写真を映し出す時計「Memory Clock(メモリークロック)」をイメージソースと共同で開発した。

「Memory Clock」(コンセプトモデル)のイメージ

 スマートフォンやタブレット端末、PCを通して、家族みんなで思い出の写真を貯めておくと、撮影した日付と同じ日の写真が時計の文字盤に表示される。複数のMemory Clockを同期すると、離れて暮らす家族とも同じ時間に同じ写真を共有できる。

 第二弾プロダクト「Memory Clock」は、インターネットやスマートフォンなどのテクノロジーによって、遠く離れた世界と簡単につながることができる一方で、一番近くにいるはずの家族が一緒に過ごす時間は減少傾向にあるといわれていることや、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真を見返す機会が増えていないことを背景に開発した。リビングにある時計に写真を表示し、ふとした瞬間に家族の思い出がよみがえることで、家族を思う時間が増えるとともに、絆がより深まることを期待する。

 Memory Clockは、コンセプトモデルで、製品化に向けて、共同で量産と販路開拓を行うパートナーを募集する。また、3月14~18日まで米テキサス州オースティンで開催する世界的なトレードショー「SXSW(サウスバイ・サウスウェスト)」で展示する。

 「monom」は、モノ×テクノロジーで、新しい生活文化の提案と新しい市場の開拓を目指すプロダクト・イノベーション・プロジェクト。デザイン、テクノロジー、マーケティング、ビジネスのプロが、それぞれのクリエイティビティを掛け合わせ、これまでにないプロダクトを提案する。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング