ページの先頭です。


ヒビノ、カードサイズのハイレゾ対応ヘッドホンアンプ

2015/03/02 18:49

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ヒビノインターサウンドは、iBasso AudioブランドのUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「D Zero MK2」を、3月13日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万8500円前後の見込み。

D Zero MK2

 「D Zero-SE」の後継にあたるカードサイズのUSB-DAC内蔵ヘッドホンアップ。Cirrus Logicの「Wolfson WM8740」をモノラルモードで2基搭載し、L/R個別に処理を行うことで、広範なダイナミックレンジを実現し、ハイレゾオーディオをより緻密に楽しめる。

 PCからのデジタル出力や、付属のOn-The-Go(OTG)ケーブルを使用したAndroid搭載端末とのデジタル接続に対応し、アップルのLightning-USBカメラアダプタまたは「iPad Camera Connection Kit」を使用したiPhone/iPadとのデジタル接続もできる。さらに、最大24ビット/96kHzのハイレゾ音源に対応している。

 アンプ部は、オールインワンタイプのICヘッドホンアンプを使用しないオペアンプとバッファーによる構成を採用。細部にまでこだわった音響調整によって、すぐれたコストパフォーマンスを保ちつつ、妥協のない音響性能を実現した。

 インターフェースはUSBデジタル入力、アナログライン入出力、ヘッドホン出力を備える。バッテリ駆動は、DAC+アンプでの使用時が連続10時間、アンプのみでの使用時が連続120時間。サイズは幅44×高さ11×奥行き101mmで、重さは95g。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング