ページの先頭です。


ソニー、高音質コーデックLDAC対応のBluetooth対応のステレオヘッドホン

2015/02/10 18:18

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ソニーは、高音質コーデックLDACに対応し、最高音質のワイヤレス音楽再生ができるBluetooth対応ワイヤレスステレオヘッドホン「MDR-1ABT」を、3月21日に発売する。カラーは、ブラック、シルバーの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は4万円前後の見込み。

MDR-1ABT

 Bluetooth 3.0に対応したワイヤレスステレオヘッドホン。Bluetoothの標準コーデックSBCと比較して、最大約3倍の情報量を伝送できる高音質のコーデック、LDACを採用し、「ウォークマン」の「NW-ZX2」や「NW-A16」といったLDAC対応機器と接続して、ワイヤレスで高音質サウンドを楽しめる。

 ワイヤレスでの音楽再生時は、右側面の「タッチセンサーコントロールパネル」によって、音楽再生/一時停止/曲送り/曲戻し、音量調整、ハンズフリー通話/終話などを直感的に操作できる。

 NFC(近距離無線通信)にも対応し、スマートフォンやタブレット端末などを本体にかざすだけで、複雑な操作なしでBluetooth接続して、ワイヤレスで音楽再生などを楽しめる。

 ステレオミニプラグによるケーブル接続に対応。ケーブル接続時には、本体の超高域100kHzまで対応する広帯域再生40mmHDドライバユニットで、ハイレゾ音源特有の音の広がりや余韻などを余すことなく再生する。

 振動板には、アルミニウムコートLCP振動板を採用。2種類の素材の相互作用によって全帯域の内部損失を向上し、透明度の高い中高音を再生する。

 ハウジング上のポート(通気孔)によって空気の流れを調整し、低音をコントロールすることで、振動板の動作を最適化して低域音の立ち上がりを向上。重低音のリズムを正確に再現する。

 内部クッション材料を柔らかく包み込んで縫製し、耳を包み込むような快適な装着性と高い気密性を提供する立体縫製イヤーパッドを採用。さらに、ハウジングの軸を内側に傾ける独自のハンガー構造によって、頭部の形状に合わせて自然に装着でき、肩かけでも快適に使用できる。

 バッテリ駆動時間は最大約30時間。対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。重さは約300g。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング