ページの先頭です。


富士フイルム、0.06秒の高速AFが魅力のプレミアムコンデジ「FUJIFILM XQ2」

2015/02/09 11:10

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 富士フイルムは、デジタルカメラ「Xシリーズ」のプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XQ2」を、2月26日に発売する。カラーは、ブラック、シルバー、ホワイトの3色。価格はオープンで、税別の実勢価格は4万5000円前後の見込み。

FUJIFILM XQ2

 焦点距離6.4~25.6mm(35mmフィルム換算で25~100mm相当)で、開放F値1.8の明るいフジノン光学4倍ズームレンズ、有効画素数1200万画素の「X-Trans CMOS II」センサ、高速画像処理エンジン「EXRプロセッサーII」を搭載するプレミアムコンパクトデジタルカメラ。

 フラッグシップモデルにも使われている「EXRプロセッサーII」の採用によって、起動時間0.99秒、シャッタータイムラグ0.015秒、撮影間隔0.3秒の高速レスポンスを実現。連写速度は最速で毎秒12コマ(連続9コマ)で、動きのある被写体の撮影に威力を発揮する。

 「X-Trans CMOS II」センサは、非周期性の高い独自のカラーフィルター配列によって、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑える。ローパスフィルターを搭載しないことで、レンズからの光を十分にセンサまで届けることができる。また、レンズの性能を最大限に引き出す独自の画像処理技術「点像復元処理」を備える。

 AF(オートフォーカス)機能では、ピントが合っているエリアを自動的に最大9点表示する「マルチターゲット オートエリアAF」を新たに搭載。精度にすぐれ、暗いシーンにも強いコントラストAFと、動体の撮影に強い位相差AFを、被写体やシーンに応じて自動で切り替え、あらゆるシーンで高速・高精度で合焦する。

 撮影機能は、独自のカラーモード「フィルムシミュレーション」や、アドバンストモードの「多重露出撮影」「連写重ね撮り」「ぼかしコントロール」「ぐるっとパノラマ360」を備える。高度なアート表現を手軽に楽しむことができる「アドバンストフィルター」機能も搭載する。

 素材と操作性にこだわり、レンズマウント部周辺には絞りやシャッタースピード、露出補正など13項目を割りあてることができるコントロールリングを備える。内蔵の「スーパーiフラッシュ」は、シーンに合わせて発光量をコントロールできる。

 専用アプリ「FUJIFLM Camera Application」を利用したスマートフォン/タブレット端末への写真の転送やカメラ内の写真の閲覧、無線LAN経由でのPCへの写真のバックアップなどに対応する。

 対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-Iにも対応する。内蔵メモリは約66MB。サイズは幅100.0×高さ58.5×奥行き33.3mmで、重さは約206g。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング