ページの先頭です。


パナソニック、自撮りができる「DMC-SZ10」「DMC-TZ57」など、コンデジ3機種

2015/01/22 12:03

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 パナソニックは、コンパクトデジタルカメラの新製品として、自分撮り機能を搭載した「LUMIX DMC-SZ10」「LUMIX DMC-TZ57」と、暗い場所や望遠など、幅広いシーンできれいな写真を撮影できる光学30倍ズームレンズ搭載の「LUMIX DMC-TZ70」を、2月13日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は、「DMC-SZ10」が2万1500円前後、「DMC-TZ57」が3万1500円前後、「DMC-TZ70」が4万4500円前後の見込み。

DMC-SZ10

 「DMC-SZ10」「DMC-TZ57」は、180°回転するチルト式モニタを搭載し、自分撮りに対応。モニタを回転させると自動的に自分撮りモードになり、表情や構図を確認しながら撮影ができる。人物の肌を滑らかにしたり、背景をぼかしたりなどの効果を加えて撮影する「ビューティー機能」によって、効果的な自分撮りが楽しめる。「DMC-TZ57」には、顔認識で顔を検出して片目を閉じるとシャッターのカウントダウンを開始し、3カウント後に撮影する「ウィンクシャッター」を搭載。シャッターボタンを押さずに自由なポーズで撮影できる。

 「DMC-SZ10」は35mmフィルム換算で24~288mmの光学12倍ズームレンズ、有効1600万画素のCCDセンサを搭載。サイズは幅約99×高さ59.9×奥行き29.8mmで、重さは約177g。カラーは、ピンク、ホワイト、ブラックの3色。

DMC-TZ57

 「DMC-TZ57」は35mmフィルム換算で24~480mmの光学20倍ズームレンズ、有効1600万画素の高感度MOSセンサを搭載。光学式手ブレ補正を搭載し、望遠撮影や暗いところでの撮影などにも対応する。180°チルト式モニタは約104万ドット。サイズは幅約107.9×高さ59.9×奥行き32.1mmで、重さは約249g。カラーは、ホワイトとブラウンの2色。

DMC-TZ70

 「DMC-TZ70」は、有効1210万画素の高感度MOSセンサ、35mmフィルム換算で24~720mmの光学30倍ズームのライカDCレンズを搭載。コントロールリングの搭載や、あらかじめ設定した間隔で撮影するインターバル撮影など、多彩な撮影機能や操作性によって、思い通りの撮影ができる。

 ファインダーは約116万ドット相当で、ピントの確認がしやすい。アイセンサを搭載し、ファインダーに目を近づけるだけでモニタ表示とファインダー表示を切り替える。サイズは幅約110.7×高さ64.6×奥行き34.4mmで、重さは約243g。カラーはシルバー。

 「DMC-SZ10」「DMC-TZ57」「DMC-TZ70」は、Wi-Fi機能を搭載。専用アプリ「Panasonic Image App」を使って、撮影した写真をスマートフォンに転送したり、SNSにアップロードしたりできる。旅行やイベントなど、幅広いシーンで撮影が楽しめる。記録メディアは、SDXC/SDHC/SDカードと内蔵メモリ。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング