ページの先頭です。


ソニー、レンズスタイルカメラにEマウントレンズ交換式モデル「ILCE-QX1」を追加

2014/09/10 19:43

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ソニーは、スマートフォンと組み合わせて使えるレンズスタイルカメラの新製品として、レンズ交換式デジタル一眼カメラと同等のAPS-CサイズのCMOSイメージセンサを搭載するレンズ交換式の「ILCE-QX1」を、10月10日に発売する。

「ILCE-QX1L」パワーズームレンズキット

「ILCE-QX1L」パワーズームレンズキット(Eマウント)

 レンズ、CMOSイメージセンサ、画像処理エンジンをはじめとしたカメラの基本的な構成要素のすべてをレンズ型のボディに搭載し、Wi-Fi接続でスマートフォンと組み合わせて使える「レンズスタイルカメラ」。スマートフォンを装着すれば、ディスプレイをモニタとして利用できる。スマートフォンを装着せずに離して使えば、自由な角度で撮影が楽しめる。また、本体にシャッターボタンとズームレバーを搭載し、スマートフォンがなくても撮影できる。 

「ILCE-QX1L」のスマートフォン装着例

「ILCE-QX1L」のスマートフォン装着例

 Eマウントを採用したレンズ交換式で、大型APS-C有効約2010万画素Exmor(エクスモア)CMOSイメージセンサを搭載。高画質で美しいボケ味や高感度・低ノイズでクリアな夜景撮影を実現した。スマートフォンでも、レンズ交換式ならではの多彩な撮影表現ができる。

 写真やカメラの専門知識がなくても、シーンを自動で認識して最適な設定で撮影できる「プレミアムおまかせオート」や、撮りたい瞬間を逃さない連写に対応。内蔵フラッシュを搭載し、暗所や逆光など撮影が難しい場面でも、簡単に撮影できる。

 小型・軽量ボディながら、撮影表現に合わせて設定できるP(プログラムオート)/A(絞り優先)/S(シャッタースピード優先)モードや、デジタル処理を加えない元データのRAW画像とJPEG画像の同時保存など、自分好みの表現を実現するこだわりの機能を搭載する。

 記録媒体は、メモリースティック マイクロ/メモリースティック マイクロ(Mark2)、micro SDXC/micro SDHC/micro SDカード。サイズは、幅約74.0×高さ69.5×奥行き52.5mmで、重さは約216g。カラーはブラック。

 価格はオープンで、税別実勢価格は、「ILCE-QX1」ボディが3万6000円前後、35mmフィルム換算で焦点距離24~75mmのEマウント用レンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」が付属するパワーズームレンズキット「ILCE-QX1L」が5万1000円前後の見込み。 

「PlayMemories Mobile」

専用アプリ「PlayMemories Mobile」のユーザーインターフェース(イメージ)

 専用アプリ「PlayMemories Mobile」は、アップデートによって、NFC(近距離無線通信)を用いた接続時間が短縮し、接続後の安定性も高まった。さらに、ユーザーインターフェースが進化し、簡単で直観的な操作を実現。片手での露出設定の変更や撮影時に便利なタッチシャッター、フォーカス枠やグリッドラインの表示、自分撮りに適したミラーモードに対応した。スマートフォンにコピーした静止画への位置情報の付与やスマートフォンからのカメラ内コンテンツの再生・削除にも対応し、快適な操作で写真を管理できる。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング