ページの先頭です。


アップル、新しいデザインのMac向けOS「OS X Yosemite」を発表、iOSとの連係を強化

2014/06/03 19:45

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 Apple(アップル)は、6月3日、「OS X Yosemite」を発表した。同日から、デベロッパプレビューを、Mac Developer Programメンバーを対象に提供。新OSをよりよくするために、今夏に「OS X Beta Program」を開始し、今秋に最終バージョンの正式版をリリースする予定。

「OS X Yosemite」

今秋リリースする「OS X Yosemite」

 Mac向けOSの最新バージョンとなる「OS X Yosemite」は、新鮮でモダンな外観でデザインを一新。アプリケーションのアイコンはクリーンで一貫性のあるデザインになり、アップデートしたシステムフォントはさらに読みやすくなった。通知センターにはカレンダーや天気など、知りたい情報をひと目で確認できる「今日の表示」を採用。さらに、パワフルな新アプリケーションと新しい連係機能によって、MacやiOSデバイス間での作業をこれまで以上にスムーズにする。

 Finderに直接組み込まれた「iCloud Drive」は、どのようなタイプのファイルでも保存でき、「iCloud Drive」を使うと、Macはもちろん、iPhone/iPadやWindows PCからでも、iCloud上にある自分のファイルすべてにアクセスできる。また、これまでiPhoneにだけ表示していたSMS/MMSのメッセージを、すべてのデバイスのメッセージアプリで表示するようになり、Macから直接SMS/MMSメッセージを送信したり、Macをスピーカフォンとして使ってiPhoneで通話をしたりすることもできる。

洗練された新しいデザイン

洗練された新しいデザイン

 メールは、添付書類の編集・送信がこれまで以上に簡単になった。ブラウザ「Safari」は、新しいすっきりとしたデザインになり、タブビューやお気に入り表示、プライバシーのコントロール、WebGLやSPDYをはじめとする最新のウェブスタンダードのサポートなど、機能面も強化する。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング