ページの先頭です。


2013年12月の携帯電話ランキング、iPhoneが上位独占 ドコモはiPhone率約3割

2014/01/21 14:10

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 2013年9月20日の「iPhone 5s/5c」の発売以来、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルとも、「iPhone 5s」が最も多く売れている。「iPhone 5s」と廉価版「iPhone 5c」の相対的な割合の差も、徐々に縮まってきた。今回は、家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」にもとづいて、2013年12月と13年通年の携帯電話ランキングをあわせて紹介しよう。

どのキャリアでも「iPhone 5s」は一番人気だが……

どのキャリアでも「iPhone 5s」は一番人気だが……

3キャリアのiPhone 5s/5cが1位から6位まで独占、Xperia Z1/Z1 fも健闘



 通常、携帯電話の「機種別」は、キャリア・容量ごとに別機種としてカウントしているが、今回はわかりやすいようにキャリアごとに容量を合算して集計した。

 2013年12月の携帯電話の販売台数1位は、ソフトバンクモバイルの「iPhone 5s」で、2位はauの「iPhone 5s」、3位はドコモの「iPhone 5s」だった。1位と2位は2.3ポイント、2位と3位は1.6ポイント差。4~6位はすべて「iPhone 5c」で、au、ソフトバンクモバイル、ドコモの順だった。10位に入ったソフトバンクモバイルのAndroid搭載スマートフォン「AQUOS PHONE Xx 302SH」以外は、トップ10はすべてiPhoneとXperiaだ。

2013年12月 携帯電話
販売台数ランキング<全キャリア合算>

※iPhoneはキャリアごとに容量を合算
順位 キャリア メーカー 品名 販売台数
シェア(%)
1 SoftBank アップル iPhone 5s 11.9
2 au アップル iPhone 5s 9.5
3 NTTドコモ アップル iPhone 5s 7.9
4 au アップル iPhone 5c 5.8
5 SoftBank アップル iPhone 5c 5.3
6 NTTドコモ アップル iPhone 5c 3.6
7 NTTドコモ ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z1 f SO-02F 3.3
8 NTTドコモ ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z1 SO-01F 2.6
9 au ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z1 SOL23 2.6
10 SoftBank シャープ AQUOS PHONE Xx 302SH 2.0
「BCNランキング」2013年12月 月次<最大パネル>

 13年、国内ではiPhoneとともに、ソニーモバイルコミュニケーションズが世界で展開するXperiaの躍進が目立った。なかでも5月発売の「Xperia A(エース) SO-04E」は、「ドコモのツートップ」として価格面で優遇されたこともあって、13年発売のAndroid搭載スマートフォンのなかでは最も多く売れた。Xperiaの国内最新機種は、約4.3インチのHD液晶ディスプレイと高性能カメラを搭載したドコモの「Xperia Z1 f SO-02F」。発売日の12月19日を含む12月第3週(12月16~22日)は2位に食い込み、月間でも7位に入った。「Xperia Z1 f SO-02F」のヒットをきっかけに画面の小さなコンパクトモデルが増えると、使い慣れた従来型携帯電話に愛着があって「ずっと使い続ける」と宣言している人が、スマートフォンに目を向けるようになるかもしれない。

「Xperia Z1 f SO-02F」

ドコモの2013~14冬春モデル「おすすめ機種」の一つ、カラフルでコンパクトな「Xperia Z1 f SO-02F」

キャリアによって異なるiPhone率 「ドコモiPhone」は早くも息切れ?



 キャリアごとにトップ10を集計すると、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルとも「iPhone 5s」「iPhone 5c」が1位・2位につけ、3~10位の間に、ドコモは「P-01F」「SH-03E」など3機種、auは「GRATINA」「mamorino3」の2機種、ソフトバンクモバイルは「みまもりケータイ3 202Z」「PANTONE WATERPROOF 202SH」など3機種、それぞれ従来型携帯電話が入っている。

2013年12月 携帯電話
販売台数ランキング<ドコモ>

※iPhoneは容量を合算
順位 メーカー 品名 販売台数
シェア(%)
発売年月
1 アップル iPhone 5s 21.2 2013/09
2 アップル iPhone 5c 9.6 2013/09
3 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z1 f SO-02F 8.8 2013/12
4 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z1 SO-01F 7.0 2013/10
5 パナソニック
モバイルコミュニケーションズ
P-01F 5.1 2013/10
6 シャープ AQUOS PHONE ZETA SH-01F 4.8 2013/11
7 シャープ SH-03E 4.3 2012/12
8 Huawei Technologies キッズケータイ HW-01D 3.8 2012/09
9 富士通 ARROWS NX F-01F 3.6 2013/10
10 SAMSUNG GALAXY Note 3 SC-01F 3.1 2013/10

2013年12月 携帯電話
販売台数ランキング<au>

※iPhoneは容量を合算
順位 メーカー 品名 販売台数
シェア(%)
発売年月
1 アップル iPhone 5s 29.7 2013/09
2 アップル iPhone 5c 18.1 2013/09
3 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z1 SOL23 8.1 2013/10
4 京セラ URBANO L01 5.2 2013/06
5 京セラ GRATINA 5.0 2013/09
6 シャープ AQUOS PHONE SERIE
 SHL23
4.0 2013/11
7 京セラ mamorino3 3.9 2013/01
8 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia UL SOL22 3.6 2013/05
9 HTC HTC J One HTL22 3.2 2013/06
10 SAMSUNG GALAXY Note 3 SCL22 2.3 2013/10

2013年12月 携帯電話
販売台数ランキング<SoftBank>

※iPhoneは容量を合算
順位 メーカー 品名 販売台数
シェア(%)
発売年月
1 アップル iPhone 5s 41.9 2013/09
2 アップル iPhone 5c 18.8 2013/09
3 シャープ AQUOS PHONE Xx 302SH 7.0 2013/12
4 ZTE みまもりケータイ3 202Z 6.5 2013/08
5 シャープ PANTONE WATERPROOF
 202SH
5.8 2013/01
「BCNランキング」2013年12月 月次<最大パネル>

 ただし、従来型を含めた携帯電話全体の販売台数に占めるiPhoneの割合(iPhone率)は、ドコモは30.8%、auは49.6%、ソフトバンクモバイルは63.3%と、キャリアによって大きく異なる。iPhoneが主力機種である点は同じだが、最後発のドコモは、他の2キャリアよりiPhone率が低く、品薄状態の解消とともに早くもピークが過ぎてしまった感は否めない。「iPhone 5s/5c」の累計販売台数も、12月下旬にauに抜かれている。

2013年12月 iPhone率の比較


 <2013年を振り返る――デジタルの中心はスマートフォンへ、売れ行きそのものは伸び悩み>で触れた通り、13年のスマートフォンの累計販売台数は、前年比98.4%と、ほぼ12年と同じだった。また、主要3キャリアについて、それぞれ販売台数前年比を集計すると、ドコモは84.1%で前年割れ、auは105.7%、ソフトバンクモバイルは113.0%で前年超えという対照的な結果だった。販売台数自体は、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの順に多いものの、ドコモの伸び悩み、シェアの低下が目立つ。もしiPhoneを取り扱っていなければ、マイナス幅はもっと大きかったかもしれない。なお、以前に比べ、家電量販店ではなく、オンラインショップを含むキャリアショップで購入する比率が高まっているとみられ、家電量販店の販売データの「前年比」は、全体的に低くなっていると推測される。実際には、ここまで悪くはないだろう。

2013年 主要3キャリアのスマートフォンの販売台数指数の比較

スマートフォン キャリア別 販売台数前年比
  2012年 2013年
ドコモ 158.0% 84.1%
au 163.4% 105.7%
SoftBank 115.2% 113.0%
全体 145.2% 98.4%

2013年の年間1位はソフトバンクモバイルの「iPhone 5」



 1月~12月を合算した13年の携帯電話の販売台数1位は、ソフトバンクモバイルの「iPhone 5」が獲得。2位はauの「iPhone 5」、3位はドコモの「Xperia A SO-04E」、4位はソフトバンクモバイルの「iPhone 5s」、5位はドコモの「iPhone 5s」だった。機種別としてキャリア・容量ごとに別々にカウントすると、auの「iPhone 5」の16GBモデルがトップに躍り出る。今のところ、「iPhone 5c」は16GBモデル、「iPhone 5s」は32GBが一番人気だ。

2013年 携帯電話
年間販売台数ランキング<全キャリア合算・トップ20>

※iPhoneはキャリアごとに容量を合算
順位 キャリア メーカー 品名 販売台数
シェア(%)
1 SoftBank アップル iPhone 5 11.1
2 au アップル iPhone 5 10.2
3 NTTドコモ ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia A SO-04E 4.6
4 SoftBank アップル iPhone 5s 4.1
5 NTTドコモ アップル iPhone 5s 3.3
6 NTTドコモ SAMSUNG GALAXY S4 SC-04E 3.1
7 NTTドコモ ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z SO-02E 2.9
8 au アップル iPhone 5s 2.9
9 NTTドコモ パナソニック
モバイルコミュニケーションズ
P-01E 2.5
10 SoftBank ZTE みまもりケータイ2 101Z 2.2
11 NTTドコモ Huawei Technologies キッズケータイ HW-01D 1.8
12 SoftBank アップル iPhone 5c 1.6
13 NTTドコモ シャープ SH-03E 1.5
14 au ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia UL SOL22 1.3
15 SoftBank シャープ PANTONE WATERPROOF
 202SH
1.3
16 au アップル iPhone 5c 1.3
17 au HTC HTC J butterfly HTL21 1.2
18 au ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia VL SOL21 1.2
19 NTTドコモ シャープ AQUOS PHONE ZETA
 SH-02E
1.2
20 NTTドコモ SAMSUNG GALAXY S III α SC-03E 1.2
- iPhone 5合計 21.2
- iPhone 5s合計 10.3
- iPhone 5c合計 3.6
「BCNランキング」2013年 年次<最大パネル>

 春の新生活シーズンに向けて、ドコモは1月14日に、auとソフトバンクモバイルは1月16日に、恒例の「学割キャンペーン」を開始した。auは、1月22日に製品発表会を開催し、春モデルを発表する予定だ。一方、ドコモは13年度内の導入を目指していた新OS「Tizen(タイゼン)」搭載スマートフォンの導入を当面見送ると発表。スマートフォンの販売台数の伸びが一服するなかで、各キャリアの施策に注目が集まっている。はたして、2014年はどうなるのだろう?(BCN・嵯峨野 芙美)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベース(パソコンの場合)で、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

PR

この記事の写真

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング