ページの先頭です。


<座談会>ホームシアターシステム担当者が集結 リビングのスピーカーが家庭の「音」の中心になる(1/4)

2013/12/20 12:28

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 スピーカーやAVアンプを追加して、テレビの音をグレードアップするホームシアターシステム。各社のマーケティング担当者にお集まりいただき、最新のホームシアターシステム事情と、今後どのように進化していくのかを聞いた。

座談会には5社6人の担当者が参加

座談会には5社6人の担当者が参加

 ホームシアターといえばこれまでは映画ファン向けの高級製品として注目され、主にテレビと接続して利用されていた。しかし、最近はテレビだけではなく、携帯オーディオやスマートフォン、PCなどのさまざまなプレーヤーと接続し、テレビ番組や映画だけではなく、音楽も楽しむなど、使い方が広がっている。

 座談会に入る前に、各社のイチオシ製品からホームシアターシステム市場のトレンドをみていこう。今回、座談会に参加してくれたメーカーは、ソニー、デノン(ディーアンドエムホールディングス)、パイオニア、ボーズ、ヤマハの5社だ。

いま、サウンドバーが熱い



 テレビの前に設置するバータイプのスピーカーが人気だ。「サウンドバー」の呼び名で、シアターシステムを最初に発売したのはヤマハだ。そのヤマハが、10月中旬にBluetooth対応の「YSP-1400」を発売した。

 「YSP-1400」は、テレビの前に手軽に置くことができるスリムなワンボディスタイルのシアタースピーカー。本体中央の8個の小型高音質ビームスピーカーから音のビームを発して、壁などに反射させることで、5.1chサラウンドを実現する。両端のスタンド部分にある8.5cm大口径ユニットのサブウーファーで、ワンボディでも迫力の重低音を再生する。

ヤマハの「YSP-1400」

ヤマハの「YSP-1400」

 バータイプの「YSP」シリーズで初めてBluetoothに対応し、スマートフォンやタブレット端末などに保存してある音楽データをワイヤレスで再生して楽しむことができる。テレビの音はもちろんのこと、音楽を楽しむステレオにもなる一台だ。

 パイオニアは、11月下旬にバータイプモデルを3機種投入した。最上位モデルの「SBX-N700」は、ホームシアターシステムとして、初めてディスプレイ伝送技術のMiracastに対応。また、Wi-Fi Direct、YouTube Send to TVに対応し、スマートフォンやタブレット端末に保存している動画や写真、YouTubeの動画などを、ワイヤレスでテレビ画面に映し出すことができる。

パイオニアの「SBX-N700」

パイオニアの「SBX-N700」

 Bluetoothにも対応しているので、ワイヤレスで音楽を楽しめる。さまざまな機器とワイヤレスでつながるネットワーク機能を充実させたことで、家庭内の音楽・映像再生のハブとしても使うことができる。

 もちろん、音づくりにも妥協はない。バータイプの本体に、ビルトインサブウーファー2基を内蔵して、バースピーカー1本でもパワフルな低音をつくり出す。さらに、付属のワイヤレスサブウーファーを使えば、迫力の重低音を楽しめる。

 サウンドバーとサブウーファーのセットといえば、ソニーの「HT-ST7」がある。「HT-ST7」は、サウンドバーに計9個のスピーカーを内蔵し、そのうちメインの7個には、歪みのない伸びやかな音を再現する「磁性流体スピーカー」を採用した。サブウーファーは設置の自由度が高いワイヤレスタイプだ。独立駆動するデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、リアル7.1chを実現した。

ソニーの「HT-ST7」

ソニーの「HT-ST7」

 映画づくりの現場で培ったノウハウを生かして、映画制作者の意図に忠実な音場を再現するサラウンドシステム「高密度 Sound Stage」を搭載。このサラウンド効果を部屋のなかの広い範囲で体感できるように、独自の「波面制御技術」も採用した。これによってサラウンドのスイートスポットが広がり、寝転んでテレビを見ていても、サラウンド効果が崩れない音場を形成する。Bluetoothに加え、NFC(近距離無線通信)に対応し、スマートフォンの音楽を手軽に楽しむことができる。

スピーカーの上にテレビを置くという新発想



 テレビの前に設置するバータイプが主流になっているなかで、スピーカーの上にテレビを設置できる台座タイプのホームシアターシステムが登場している。その一つが、2012年9月発売のボーズ「Solo TV sound system」だ。小さなスピーカーで、バランスのよいしっかりとした音圧を生み出す研究開発に心血を注いできたボーズのDNAを受け継ぐモデルだ。

ボーズの「Solo TV sound system」

ボーズの「Solo TV sound system」

 「Solo TV sound system」は、サラウンドを再生するホームシアターではなく、もっと気軽にテレビの音を迫力あるサウンドで楽しむテレビ専用のスピーカーだ。前面左右の外側のスピーカーをそれぞれ外向きに配置する独自の設計で、広がりのある臨場感たっぷりのサウンドを実現した。独自のデジタルシグナルプロセッサを搭載して自然な音質への最適化を図り、音量の大小にかかわらず、セリフなどの人の声をクリアに再生する。台座タイプなので、テレビの前面に設置するバータイプに比べて存在を主張しない点も特徴だ。

 2013年11月には、デノンも台座タイプのスピーカー「DHT-T100」を発売した。「DHT-T100」には、通常の円形スピーカーよりも大きな振動板面積が得られるオーバルウーファーを搭載し、さらに大容量キャビネット構造を採用することで、サブウーファーなしでも豊かな低音を再現する。

デノンの「DHT-T100」

デノンの「DHT-T100」

 リスニングモードは、「ボイス」「ミュージック」「ミュージックワイド」「ムービー」「ムービーワイド」に加え、夜間などに音量を絞っても明瞭で臨場感ある音を再生する「ナイトモード」を備える。Bluetoothに対応し、スマートフォンなどに保存してある音楽を、ワイヤレスで再生して楽しむことができる。

これからのホームシアターシステムにBluetoothは不可欠



 各社の製品をみていくと、Bluetoothに対応している製品が実に多いことに気がつく。家電量販店の実売データを集計している「BCNランキング」のデータでも、Bluetooth対応製品は市場の5割近くを占めるまでに拡大している。Bluetoothは、いまやホームシアターシステムの必須機能になりつつあるのだろうか。その解明も、各社のマーケティング担当者の座談会に委ねよう。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング