ページの先頭です。


ソニー、「BDZ-ET2100」などBDレコーダー5機種、XperiaやiPhone/iPadでの再生に対応

2013/10/23 18:50

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ソニーは、ブルーレイディスク(BD)レコーダーの新製品として、Android搭載スマートフォン/タブレット端末やiPhone/iPadなど、幅広い機器でテレビ番組を視聴でき、操作性を向上したリモコンを採用した「BDZ-ET2100」「BDZ-ET1100」「BDZ-EW1100」「BDZ-EW510」「BDZ-E510」の5機種を、11月16日に発売する。

(上段左から)BDZ-ET2100、BDZ-ET1100、(下段左から)BDZ-EW1100、BDZ-EW510、BDZ-E510

 録画した番組を、ホームネットワークに接続したAndroid搭載端末やiPhone/iPadなどの機器へワイヤレスで転送して、通勤など外出先で楽しめる。ワンセグ放送の約4倍の解像度(VGA画質)で転送できるので、字幕が読みやすい。また、1時間番組なら最速2分30秒で転送できる。

 ホームネットワークで放送中の番組や録画番組のストリーミング配信に対応し、アンテナがない部屋でもBS/CSデジタル放送を楽しめる。DLNA準拠の「ソニールームリンク」対応テレビや、PCへのストリーミング配信にも対応している。

 新採用の付属リモコンは、新たに「録画」「再生」に関する使用頻度の高いボタンを大きく押しやすく配置。数字キーなどの使用頻度の限られるボタンは、リモコンを上下にスライドすると使えるようにすることで、リモコンのサイズを従来機から約36%小型化し、片手で持ちやすく、手のひらに自然になじむ大きさにした。電源やチャンネル操作だけでなく、番組表や他社製テレビの操作ができる。

 テレビの画面上に操作メニューを表示する「らくらくスタートメニュー」には、大きく見やすいカラーのイラストを採用し、使いやすさを向上。リモコンの操作方法も表示できるので、操作に不慣れな人でも「録る」「見る」「消す」などの基本操作ができる。

 このほか、録画頻度の高いタレント名や番組名を上位に表示することで、文字入力をしなくても番組をスムーズに見つけられる「タイトル/コーナー検索」機能や、録画番組内のコーナーごとに区切った情報を一覧表示して、見たいコーナーを簡単に見つけて再生する「もくじでジャンプ」機能を備える。

 インターフェースは、HDMI出力×1、コンポジット映像入力×1、ステレオ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、USB×2を搭載する。

 「BDZ-ET2100」「BDZ-ET1100」「BDZ-EW1100」「BDZ-EW510」は、ホームネットワーク経由で録画番組をフルハイビジョンのまま転送する機能を備え、「Xperia Z1」をはじめとする対応Xperiaスマートフォン/タブレット端末なら、外出先でフルハイビジョン画質の録画番組を視聴できる。対応する「Xperia」スマートフォン/タブレット端末への、フルハイビジョン画質のままでのホームネットワーク経由でのストリーミング配信にも対応している。

 「BDZ-ET2100」と「BDZ-ET1100」は、16ビット相当の階調表現を実現した独自の映像信号処理技術「SBMV(Super Bit Mapping for Video)」や、「4Kテレビモード」の画質設定機能、番組ジャンル情報に応じて最適画質に自動調整する「おまかせ画質モード」を備えた独自の高画質回路「CREAS 5」を搭載し、難しい設定なしでテレビ番組やBDなどの映像を高画質で表示する。

 サウンド機能には、独自のバーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド」を採用。7.1chサラウンドをバーチャルに再現する「S-Forceフロントサラウンド」、音声の圧縮によって失われがちな消え際の微小な音を再現する「ハーモニクスイコライザー」、テレビのスピーカーから出力する音の位置を、仮想的に上方へ持ち上げ、映像と音声の定位を一致させて自然な音声に補正する「テレビ音声位置補正」機能を備える。

 「BDZ-ET2100」は、2TBのHDDを搭載し、デジタルチューナー数は各3基。サイズは幅430.0×高さ46.5×奥行き294.0mmで、重さは約3.5kg。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

 「BDZ-ET1100」は、1TBのHDDを搭載し、デジタルチューナー数は各3基。サイズは幅430.0×高さ46.5×奥行き294.0mmで、重さは約3.3kg。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

 「BDZ-EW1100」は、1TBのHDDを搭載し、デジタルチューナー数は各2基。サイズは幅430.0×高さ46.5×奥行き244.0mmで、重さは約2.7kg。価格はオープンで、実勢価格は7万5000円前後の見込み。

 「BDZ-EW510」は、500GBのHDDを搭載し、デジタルチューナー数は各2基。サイズは幅430.0×高さ46.5×奥行き244.0mmで、重さは約2.7kg。価格はオープンで、実勢価格は6万5000円前後の見込み。

 「BDZ-E510」は、500GBのHDDを搭載し、デジタルチューナー数は各1基。サイズは幅430.0×高さ46.5×奥行き244.0mmで、重さは約2.7kg。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング