ページの先頭です。


ワイヤレスリア接続で5.1chを実現! すっきり置けるソニー「BDV-N1WL」(1/3)

2013/09/30 20:12

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 プライベートの話になるが、この9月に新居を構えた。念願のマイホームを手に入れた暁には、天然木一枚板のテーブルやアンティークの棚、名デザイナーの椅子など、あれもこれもと夢は膨らんでいたのだが、現実の前に、その多くは潰えた。しかし、どうしてもほしいものがある。それが5.1chホームシアターシステムだ。

 最有力候補は、8月末発売のソニーの5.1chホームシアターシステム「BDV-N1WL」。6万円という手頃な価格と、ワイヤレスリアスピーカーの採用でスピーカーの置き場所が比較的自由という点に強くひかれている。そこで、「BDV-N1WL」を借り、新居でサウンドを体験することにした。

夢が広がる5.1chホームシアターシステム「BDV-N1WL」

CD音源をマルチチャンネルで再生



 ホームシアターシステムというとテレビの音をよりリッチにするアイテムだが、ソニーの「BDV-N1WL」は、テレビ以外の音をより高音質で楽しめるようさまざまなメディアの再生や機器との連携に対応している。

デジタル&家電ライター・コヤマタカヒロ。
念願のマイホームを手に入れ、次はホームシアターを狙う

 例えば、自宅には過去に購入した大量の音楽CDがあるが、リビングには残念ながらPC以外の再生環境がなかった。しかし、そこに置いた「BDV-N1WL」は、通常の音楽CDだけでなく、高音質の音源を記録したスーパーオーディオCD(SA-CD)の再生にも対応。ディスクに記録された5.1chサラウンドで再生することができ、ライブ演奏のような臨場感あふれる音場を楽しむことができた。

SA-CDの「2ch音源」と「マルチチャンネル音源」、どちらの再生にも対応

 音楽CDだけではなく、BD(ブルーレイディスク)/DVDの再生に対応し、2chのステレオの音源も5.1chサラウンドとして再生することができる。さらにFMラジオが楽しめて、USB端子にUSBメモリをつなげば、保存したデジタル音楽ファイルや動画ファイルの再生ができる。あらゆるコンテンツを高音質で楽しむ救世主になってくれそうだ。

USBメモリに保存した音楽も楽しむことができる

Bluetooth対応スマートフォンやホームネットワークとワイヤレスで接続



 Bluetooth接続とNFC(近距離無線通信)にも対応している。NFC対応のスマートフォンをタッチするだけで簡単にペアリングして、スマートフォンに保存した音楽を再生することができる。

本体のNFCマークにスマートフォンをかざして接続する

 さらに、ネットワーク機能も充実している。DLNAガイドラインに対応し、ホームネットワーク経由でPCへアクセスすることができる。ネットワーク対応HDDのnasneに録画したテレビ番組の再生にも対応する。このほか、インターネット接続機能で、YouTubeや、さまざまなドラマ・映画が定額料金で楽しめるhuluにも接続できる。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング