ページの先頭です。


ドコモの2013年夏モデル「ツートップ」、勝つのはどっちだ!?

2013/05/20 20:28

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 NTTドコモは、2013年夏モデルとして5月15日に発表したスマートフォン10機種のうち、「GALAXY S4 SC-04E」と「Xperia A(エース) SO-04E」の2機種を「ツートップ」と位置づけ、主力モデルとしてプッシュする方針を打ち出した。単なる”おすすめ”にとどまらず、夏モデルの他の機種より実質負担額を抑え、価格面でも優遇する。機能やデザインなどよりも端末の価格を重視する人にとってはうれしい施策だ。一方、「ツートップ」以外のスマートフォンが売れなくなり、端末メーカーの撤退や再編につながりかねないと懸念する声も聞かれる。

 ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia A SO-04E」は5月17日に発売済み。サムスン電子製の「GALAXY S4 SC-04E」は、3色のカラーバリエーションのうち、Black Mist、White Frostは5月23日に、日本独自のBlue Arcticは6月中旬発売の予定。

「ドコモのツートップ」というキャッチコピー

インパクトのある「ドコモのツートップ」というキャッチコピー

 関東地方の家電量販店で確認した「Xperia A SO-04E」の「月々サポート」適用後の実質負担額は、新規契約が5040円、機種変更が2万5200円。予約受付中の「GALAXY S4 SC-04E」は、新規契約が1万5120円、機種変更が3万5280円だった。MNPはともに0円。また、機種変更の場合は、継続利用期間10年以上のユーザーを対象とした「ありがとう10年スマホ割」、iモードケータイから機種変更で購入するユーザーを対象とした「はじめてスマホ割」を利用でき、この二つのキャンペーンを併用すると、「月々サポート」の割引額が合計2万160円(1万80円×2)増え、「Xperia A SO-04E」「GALAXY S4 SC-04E」とも、実質負担額は新規契約の場合と同じになる。

10年以上、ドコモのiモードケータイを使い続けているユーザーなら、「ありがとう10年スマホ割」と「はじめてスマホ割」の併用で、5000円台/1万円半ばというわずかな負担で最新スマートフォンに機種変更できる(別途、契約事務手数料が必要)

 実質負担額とは、購入した機種に応じた一定の金額を、毎月の利用料金から最大24か月間、割り引くサービス(ドコモは「月々サポート」、auは「毎月割」、ソフトバンクモバイルは「月月割」)適用後の端末代のこと。もともとの端末代(一括販売価格)と割引額の合計が一致していれば、実質負担額は0円になる。

過去の販売実績から見ると少し疑問? 「ツートップ」のセレクト



 MM総研が今年5月に発表した2012年度(12年4月~13年3月)の国内携帯電話の出荷台数調査によると、スマートフォンの出荷台数トップ5は、アップル(35.9%)、富士通(13.0%)、ソニーモバイル(12.2%)、シャープ(11.9%)、サムスン(8.5%)だった。

 家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」で、同じく2012年度(12年4月~13年3月)のスマートフォンのメーカー別販売台数を集計すると、シェア33.8%でアップルが1位を獲得した。以下、ソニーモバイル(14.1%)、シャープ(13.5%)、富士通(11.4%)、サムスン(9.6%)と続く。キャリアをドコモに限ると、スマートフォン全体では2位だったソニーモバイルが1位(23.3%)、3位だった富士通が2位(20.3%)、5位だったサムスンが3位(18.8%)に浮上。シャープは、シェアは16.4%にアップしたが、順位は4位に後退した。



 今回の「ツートップ」は、ドコモが社内のアンケート調査などを通じて選定したもので、モデルチェンジごとに見直すという。過去の販売実績に基づき、よく売れたメーカーを上から二つ、自動的に選んだわけではないようだ。とはいえ、上位4社のシェアはいずれも10%以上。多少語呂が悪くても「スリートップ」「フォートップ」と言った呼び名でおすすめ機種の数を3~4種類に増やしたほうが、公平感があってよかったかもしれない。

 ちなみに、ドコモのスマートフォンのうち、2012年度に最も売れた機種は、2012年6月発売の「GALAXY S III SC-06D」、次点は僅差で2012年3月発売の「Xperia acro HD SO-03D」だった。4位に2013年春モデルのイチオシ機種「Xperia Z SO-02E」がつけている。

2012年4月~2013年3月累計
ドコモのスマートフォン 販売台数シェア トップ10
順位 メーカー 品名 型番 画面サイズ
(インチ)
発売
年月
販売台数
シェア(%)
1 SAMSUNG GALAXY S III SC-06D 4.8 2012/06 8.0
2 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia acro HD SO-03D 4.3 2012/03 7.6
3 シャープ AQUOS PHONE ZETA SH-02E 4.9 2012/11 5.4
4 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia Z SO-02E 5 2013/02 5.3
5 ソニーモバイル
コミュニケーションズ
Xperia AX SO-01E 4.3 2012/11 5.1
6 富士通 ARROWS X F-10D 4.6 2012/07 4.4
7 SAMSUNG GALAXY Note SC-05D 5.3 2012/04 3.1
8 SAMSUNG GALAXY S III α SC-03E 4.8 2012/12 3.1
9 NECカシオモバイル
コミュニケーションズ
MEDIAS X N-07D 4.3 2012/07 3.0
10 富士通 らくらくスマートフォン F-12D 4 2012/08 2.9
※「Xperia acro HD SO-03D」「らくらくスマートフォン F-12D」以外はXiに対応
「BCNランキング」月次合算<最大パネル>

おすすめ機種同士の対決の結果は? 第3勢力にも注目



 「GALAXY S4 SC-04E」は、約5インチのフルHD有機ELディスプレイ、1.9GHzクアッドコアCPU、2600mAhの大容量バッテリなどを搭載したハイスペックモデル。ただし、日本の携帯電話では一般的な防水には対応していない。

GALAXY S4 SC-04E

前モデルのGALAXY S III α SC-03Eよりも、薄く、軽くなったGALAXY S4 SC-04E

 対して、約4.6インチのHD液晶ディスプレイを搭載した「Xperia A SO-04E」は、IPX5/8相当のすぐれた防水性能、IP5X相当の防塵性能を備え、定番のホワイト、ブラック、ビビットなピンク、ミントの計4色のカラーバリエーションを用意する。

Xperia A SO-04E

IPX5/8相当の防水性能を備え、水濡れを気にせず自由に使えるXperia A SO-04E

 防水とハイスペックの両方を求めるなら、地上デジタル放送(フルセグ)を視聴できる富士通製の「ARROWS NX F-06E」や、次世代ディスプレイ「IGZO」を搭載したシャープ製の「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」など、夏モデルの他の機種にも目を向けよう。

 ランキングの順位やシェアは、人気を示すバロメーターの一つ。実質負担額が安く、無難な感じで万人受けしそうな「Xperia A SO-04E」と、海外での評価が高く、ハイスペックの「GALAXY S4 SC-04E」、どちらがより多くのユーザーに支持され、ドコモの夏モデルNo.1の座を射止めるだろうか? (BCN・嵯峨野 芙美)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

【2013.6.5追記】
発売直後の売れ行きをまとめた記事を掲載しました。あわせてご覧ください。
・ドコモのツートップ対決、夏商戦序盤は「Xperia A」がリード、安さが後押し?

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング