ページの先頭です。


パナソニック、SSD搭載の自転車向けポータブルナビゲーション「サイクルゴリラ」

2012/09/26 19:32

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 パナソニックは、自転車で使えるSSD搭載ポータブルナビゲーション「サイクルゴリラ」シリーズの新製品として、「CN-MC02L」(家電量販店向け)と、「CN-MC02D」(カー用品店向け)を、10月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

サイクルゴリラ CN-MC02L/CN-MC02D

 内蔵バッテリの容量を約50%増大したことによって、通常モードで最大約6時間、「省電力1」モードで最大約6時間30分、「省電力2」モードなら最大で約22時間30分の連続使用ができ、ロングツーリングにも対応する。アウトドアでの使用を前提としたIPX5相当の防滴性能を備える。

 速度や走行距離、走行時間、消費カロリーなど、サイクリングに便利な情報を表示するサイクルコンピュータを搭載。ルート案内中に、交差点の右左折を大きな矢印の点滅でわかりやすく指示する「ウィンカーガイド」機能を備える。

 ルートガイダンス機能「エンジョイライド」でコースを設定すれば、最終目的地への方向や中継ポイントを画面上に表示。初めての道でも安心して走ることができる。

 このほか、ケイデンス(ペダル回転数)を設定して、効率的なペダリングのトレーニングができる「ケイデンスメーカー」や、走行ログの編集に便利な「走行ログマネージャー」、ラップタイムなどを記録する「ストップウォッチ」の自転車専用アプリを搭載。さらに、最大90日間の走行データを内蔵メモリやSDカードに保存できるGPSログ機能を備える。

 新東名高速道路に対応した2012年度版の地図データや、日本全国の都市部をほぼカバーする約1300エリアの市街詳細地図、住所検索や電話番号検索、電子コンパスを利用した「おでかけウォーク」(歩行ナビ)など、自動車運転時や歩行時にもナビゲーションとして利用できる機能を備える。

 製品には、自転車用クレードルと車載用吸盤スタンドが付属しているので、買ったその日から自転車や自動車で使うことができる。サイズは幅117.8×高さ81.0×奥行き23.0mmで、重さは約235g。

 パナソニックは、「CN-MC02L」「CN-MC02D」の発売に合わせて、ユーザー間でサイクリングに関する情報を共有するコミュニティサイト「おでかけサイクルガイド」を開設する。サイトでは、サイクリング専門誌とのタイアップによる「おすすめサイクリングコース」の配信や、GPSログの確認および保存、オリジナルサイクリングルートの作成・編集などのサービスの提供を予定している。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング