ページの先頭です。


ロボット掃除機のお掃除対決 すみずみまで走る「ルンバ」に軍配!(1/3)

2012/08/30 18:36

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 いま、新たな便利家電として注目を集めているのが、自分で室内を動き回って部屋を掃除してくれるロボット掃除機だ。不在時に掃除ができるので、忙しい共働き世帯などでも重宝する。今回は、3社のロボット掃除機を実際にリビングルームで走らせて、性能や使い勝手などをチェックした。

左からシャープの「ココロボ RX-V100」、アイロボットの「ルンバ 780」、東芝の「スマーボ V VC-RB8000」

最近話題のロボット掃除機 そもそもどんな製品?



 ロボット掃除機が話題を集めている一番の理由は、国内大手家電メーカーが続々と参戦してきたことにある。ロボット掃除機は、ロボット専業メーカー米アイロボット社の「ルンバ」シリーズが先駆けで、2002年の登場以来、じわじわと人気を集めてきた。これまで何度も類似製品が登場したが、実用的なレベルに達することなく姿を消し、この10年、ロボット掃除機といえば「ルンバ」とイコールだったのだ。この独占市場に、昨年10月に東芝、今年5月にシャープが参入。また韓国LGも今年2月に日本で製品を発売した。家電量販店などでも積極的にデモを行っていて、いまが旬の家電として注目を集めている。

 スイッチを入れると自動的に室内を移動し、床に散らかっている小さいゴミやホコリなどを掃き集めてくれるロボット掃除機は、機能としては非常にシンプルだ。しかし、人が生活している部屋には、必ず掃除にとっての“障害物”が存在する。棚やテーブルがあったり、ソファがあったり、さらには段差があったりするのだ。これらを回避しながら自動的に掃除をするというのは、実は簡単なことではない。

 では、今回のテストで使用したモデルを紹介しよう。

ロボット掃除機の代名詞、アイロボット「ルンバ 780」

 ロボット専業メーカー、アイロボット社が開発した「ルンバ」は、地雷除去などの産業用ロボットの技術を応用したAI(人工知能)を搭載するロボット掃除機だ。毎秒60回以上も考えて最適な動作を行う「人工知能AWARE」で、同じ場所を平均4回通過。部屋の情報を詳しく収集して、さまざまな角度からしっかりとゴミを集めることができる。行動パターンは40パターン以上だ。ソフトタッチバンパー機能によって壁や障害物にやさしく当たることで、家具を傷つけることなく、壁ギリギリなど、すみずみまでゴミを取ることができる。

アイロボット「ルンバ 780」
【基本仕様】
サイズ・質量:直径353mm×高さ92mm・約3.85kg
バッテリー駆動時間:通常清掃時最大60分(90~120分稼働可能)

大阪弁や外国語でのやりとりもできるシャープ「ココロボ RX-V100」

 シャープの「ココロボ」は、いまや同社の家電製品の特徴ともいえる「プラズマクラスター」放出機能を備え、空気まできれいにしてしまうロボット掃除機。無線LAN機能を備え、不在時に本体前面に搭載するカメラを使って室内の様子を撮影し、スマートフォンに送信することができる。さらに、スマートフォン経由で操作することもできる。また、ボイスコミュニケーション機能で、停止中の本体に話しかけることで掃除をスタートできる音声認識機能を備えた多機能モデルだ。

シャープ「ココロボ RX-V100」
【基本仕様】
サイズ・質量:直径346mm×高さ96mm・約3.3kg
バッテリー稼働時間:60分

さらに薄くなった東芝の「スマーボ V VC-RB8000」

 実は、2002年にロボット掃除機を発売したことがある東芝。昨年、「スマーボ」によって、満を持しての再参入を果たした。そして9月には第2世代となる「スマーボ V」シリーズを発売する。本体の高さを前モデルの93mmから80mmへと薄型化した。

 新モデルには、赤外線を利用したゴミ検知器機能を搭載。さらに、人工知能による空間把握機能を強化した。センサを大幅に増やすとともに、ゴミの取り残しを減らすために、自動モードでも同じ場所を縦横2回ずつ、計4回通過するように改善した。

東芝「スマーボ V VC-RB8000」
【基本仕様】
サイズ・質量:直径350mm×高さ80mm・約3.2kg
バッテリー稼働時間:60分

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング