ページの先頭です。


CCCとビットワレット、「EdyでTポイント」サービス開始、スタートダッシュキャンペーンも

2012/03/27 16:54

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 共通ポイントサービス「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と、電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは、3月26日、Android搭載スマートフォンで「Edy」を使って買い物をするとTポイントが貯まる「EdyでTポイント」サービスを開始した。また、抽選で最大50倍の「Tポイント」が当たる4月25日まで実施する。

「Tポイント」のロゴ(左)と「Edy」のロゴ

 NTTドコモの「おサイフケータイ」機能を搭載したAndroidスマートフォンで、「Edy」加盟店での会計時に「Edy」を使用することで、購入金額200円につき「Tポイント」が1ポイント貯まる。また、ファミリーマートやガストなど「Tポイント」加盟店で「Tカード」提示後に「Edy」で支払いを行うと、2倍のTポイントを貯めることができる。

 貯まった「Tポイント」は、TSUTAYAやカメラのキタムラなどで、1ポイント1円として使える。サービスを利用するには、事前にスマートフォンで「Tサイト」にアクセスし、「Edy Tポイントアプリ」を選択して「T会員番号」とパスワードを登録しておく必要がある。「Tポイント」は、毎月月末に自動付与する。対応OSは、Android 2.1以上。

 4月25日まで実施する「スタートダッシュキャンペーン」は、期間中にスマートフォンの「Edy」で「Tポイント」が貯まる設定をして、キャンペーンサイトからエントリーすることで、「Edy」決済をしたユーザーから抽選で10名に50倍、50名に10倍、100名に2倍の「Tポイント」が当たる。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング