ページの先頭です。


オンキヨー、14型ワイドディスプレイのウルトラブック「DR6A-US31C7」など4モデル

2012/03/19 17:44

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 オンキヨーは、14.0型ワイドディスプレイとSSDを搭載するウルトラブック「DR6A-US31C7」「DR6A-US31C7B」と、HDDを搭載した「DR6A-AS31C7」と「DR6A-AS31C7B」の4モデルを、オンラインショップ「オンキヨーダイレクト」で3月下旬に発売する。

DR6A-US31C7

 いずれもLEDバックライト採用の14.0型ワイドディスプレイ(解像度1366×768)と4GBのメモリを搭載し、インテルHDグラフィックス3000によって高速なグラフィック描画を実現。従来の13.3型ワイド液晶ディスプレイ搭載モデルよりもコンパクトに抑えている。

 側面には、HDMI出力端子と外部ディスプレイ端子(D-Sub15ピン)を備え、テレビやプロジェクターへの出力に対応。また、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fiに対応し、有線LANポートも搭載する。

 「PDAP(Pure Direct Audio Path)テクノロジー」によって、音質劣化の原因となるサウンドミキサーをバイパスし、音声信号をサウンドデバイスへダイレクトに伝送する音楽再生・管理ソフト「PureSpace MUSIC」をプリインストール。インターネットからPCに取り込んで、オーディオシステムに接続して再現するCDの音質を超えた24ビット/96kHzなどのハイレゾリューション音源の再生に適している。メールの着信音なども完全にシャットアウトし、快適な音楽再生を実現する。なお、ハイレゾリューション音源は、音楽配信サイト「e-onkyomusic」で配信する。

 ディープシルバーで統一した天面には、ヘアラインを施したアルミ素材を使用。底面はマグネシウム合金製で、シャープなデザインと堅牢性をあわせもつ薄型ボディを実現した。

 OSは、Windows 7 Home Premium 64ビット版(SP1)。サイズは幅332.0×高さ15.8~19.3×奥行き228.0mmで、重さは約1.69kg。

 「DR6A-US31C7」と「DR6A-US31C7B」は、CPUに超低電圧版第2世代インテルCore i7-2637Mを採用し、振動や衝撃に強い128GBのSSDを搭載。「DR6A-US31C7B」は、Microsoft Office Home & Business 2010搭載モデル。バッテリによる連続動作時間は約8.6時間で、充電時間約7時間。価格はどちらもオープンで、「オンキヨーダイレクト」での価格は「DR6A-US31C7」が8万9800円、「DR6A-US31C7B」が11万4800円。

 「DR6A-AS31C7」と「DR6A-AS31C7B」は、CPUに超低電圧版第2世代インテルCore i3-2367Mを採用、500GBのHDDを搭載する。「DR6A-AS31C7B」はMicrosoft Office Home & Business 2010搭載モデル。バッテリによる連続動作時間は約8.2時間で、充電時間は約6.9時間。価格はどちらもオープンで、「オンキヨーダイレクト」での価格は「DR6A-AS31C7」が5万9800円、「DR6A-AS31C7B」が8万4800円。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング