ページの先頭です。


スマートフォン人気に地域差、東京圏では携帯電話全体の6割を超える

2011/07/22 21:06

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 2011年6月の携帯電話ランキングは、NTTドコモのスマートフォン「GALAXY S II SC-02C」が1位を獲得。「GALAXY S II SC-02C」をはじめ、新製品の発売が相次ぎ、6月の携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの割合は52.6%と、集計開始以来、初めて5割を超えた。週次集計では、6月第3週(6月20日~26日)に過去最大の64.5%を記録。その後も6割前後で推移しており、新規に販売された携帯電話のおよそ6割がスマートフォンになりつつある。

「GALAXY S II」がトップを獲得、「iPhone 4」の連続1位記録が途切れる



 量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、SIMフリー端末を含む携帯電話全体の6月の販売台数1位は、NTTドコモのAndroid搭載スマートフォン「GALAXY S II SC-02C」、2位はソフトバンクモバイルの「iPhone 4」の16GBモデル、3位はNTTドコモのAndroid搭載スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」だった。

2011年6月 携帯電話
販売台数ランキング<全キャリア合算>
順位 キャリア メーカー 品名 型番 販売台数
シェア(%)
発売年月
1 NTTドコモ SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY S II SC-02C 12.5 2011/06
2 SoftBank アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB 5.8 2010/06
3 NTTドコモ シャープ AQUOS PHONE SH-12C 5.3 2011/05
4 NTTドコモ NECカシオモバイルコミュニケーションズ MEDIAS WP N-06C 4.9 2011/06
5 SoftBank アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB 4.5 2010/06
6 NTTドコモ パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B 3.0 2010/09
7 NTTドコモ ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia arc SO-01C 3.0 2011/03
8 NTTドコモ シャープ SH-11C SH-11C 2.7 2011/05
9 au ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ XPERIA acro IS11S IS11S 2.3 2011/06
10 NTTドコモ 富士通 らくらくホン ベーシック3 F-08C 2.0 2011/04
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年6月 月次<最大パネル>

 メモリ容量の違いによって別々にカウントしている「iPhone 4」の16GBモデルと32GBモデルを合算すると、2010年7月以降、「iPhone 4」が11か月連続で1位だったが、6月は「GALAXY S II」がシェア12.5%で、「iPhone 4」の合計を2.2ポイント上回り、名実ともに1位に輝いた。

 「GALAXY S II SC-02C」の好調な売れ行きは、前モデル「GALAXY S SC-02B」の評価や、ワールドワイドで展開する「GALAXY」シリーズのブランド力が反映されたものだろう。サクサクと動く操作性、1.2GHzのデュアルコアCPUや有効約810万画素カメラなどのハイスペック、有機ELディスプレイの採用による比較的長いバッテリ駆動時間などが好評のようだ。

GALAXY S II SC-02C

3キャリアともスマートフォンがトップ10の過半数を占める



 続けて、主要3キャリア、NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクモバイル(SoftBank)のキャリア別月間トップ10を紹介しよう。各社とも、1位から10位まではスマートフォンが多く、逆に11位から20位までは、従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)がほとんどだ。店舗や機種によっては、フィーチャーフォンよりスマートフォンのほうがキャンペーン適用後の実質負担額が安い逆転現象も起きており、端末の人気や話題性に加え、買いやすい価格設定がスマートフォン人気を後押ししている。

左から、AQUOS PHONE SH-12C(WHITE)、XPERIA acro IS11S(ルビー)

 NTTドコモは、1位の「GALAXY S II SC-02C」に続き、2位に3D対応の「AQUOS PHONE SH-12C」、3位に防水仕様の「MEDIAS WP N-06C」がランクイン。5~6月発売の最新Android搭載スマートフォンがトップ3を占めた。一方、これら新製品に押し出され、前月1位だった「Xperia arc SO-01C」は5位にダウン。「REGZA Phone T-01C」は5位から10位へ、「MEDIAS N-04C」は4位から24位へと大きく順位を下げた。

2011年6月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<NTTドコモ>
順位 メーカー 品名 型番 ディスプレイサイズ(インチ) メインカメラの有効画素数(万画素) 発売年月
1 SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY S II SC-02C 4.3 810 2011/06
2 シャープ AQUOS PHONE SH-12C 4.2 800 2011/05
3 NECカシオモバイルコミュニケーションズ MEDIAS WP N-06C 4.0 510 2011/06
4 パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B 2.9 510 2010/09
5 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia arc SO-01C 4.2 810 2011/03
6 シャープ SH-11C SH-11C 3.2 810 2011/05
7 富士通 らくらくホン ベーシック3 F-08C 2.8 510 2011/04
8 シャープ AQUOS SHOT SH-10C 3.4 1610 2011/05
9 富士通 F-10C F-10C 3.3 1220 2011/06
10 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone T-01C T-01C 4.0 1220 2010/12
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年6月 月次<最大パネル>

 auは、ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信に対応したXPERIAシリーズの日本向けモデル「XPERIA acro IS11S」が1位を獲得。6月30日発売の「iida」ブランド初のスマートフォン「INFOBAR A01」は7位に入った。発売日と品薄の影響で、全体では24位と余り振るわなかったが、評判はよく、7月はトップ10内に食い込んでくるだろう。従来型の携帯電話のトップは「簡単ケータイ K008」だった。

2011年6月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<au>
順位 メーカー 品名 型番 ディスプレイサイズ(インチ) メインカメラの有効画素数(万画素) 発売年月
1 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ XPERIA acro IS11S IS11S 4.2 810 2011/06
2 京セラ 簡単ケータイ K008 K008 3.0 331 2011/01
3 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ URBANO MOND SOY04 3.2 812 2010/10
4 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ T005 T005 3.0 808 2010/10
5 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone IS04 IS04 4.0 1220 2011/02
6 シャープ SH011 SH011 3.2 957 2011/01
7 シャープ INFOBAR A01 SHX11 3.2 800 2011/06
8 シャープ AQUOS PHONE IS11SH IS11SH 3.7 805 2011/06
9 シャープ IS05 IS05 3.4 805 2011/03
10 シャープ AQUOS PHONE IS12SH IS12SH 4.2 805 2011/06
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年6月 月次<最大パネル>

 ソフトバンクモバイルは、前月同様、「iPhone 4」の16GBモデルが1位、32GBモデルが2位を獲得。5位には3D対応の「AQUOS PHONE SoftBank 006SH」、6位には、「ガラケー」ライクな折りたたみスタイルのAndroid搭載スマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH」が入った。

2011年6月携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<SoftBank>
順位 メーカー 品名 型番 ディスプレイサイズ(インチ) メインカメラの有効画素数(万画素) 発売年月
1 アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB 3.5 500 2010/06
2 アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB 3.5 500 2010/06
3 シャープ PANTONE 3 001SH 2.9 320 2010/11
4 パナソニック モバイルコミュニケーションズ COLOR LIFE 2 002P 2.9 320 2011/02
5 シャープ AQUOS PHONE 006SH 006SH 4.2 800 2011/06
6 シャープ AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH 3.4 1610 2011/06
7 シャープ THE PREMIUM7 WATERPROOF 004SH 3.4 960 2011/01
8 HTC HTC Desire HD 001HT 4.3 800 2010/11
9 シャープ AQUOS SHOT 002SH 002SH 3.4 1410 2010/11
10 シャープ GALAPAGOS 003SH 3.8 960 2010/12
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年6月 月次<最大パネル>

東京圏の7月は新機種がけん引して7割超え?



 2011年6月の携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの割合は、前月5月の43.5%から9.4ポイント増え、52.9%に達した。ただ、スマートフォンの販売台数自体は、シェア48.1%で初めて4割を超えた2010年12月今年3月4月のほうが多く、従来型の携帯電話の販売台数が減少したため、相対的にスマートフォンの構成比が高まった。4割台突入から5割突破まで、ちょうど半年かかり、どちらも新製品の相次ぐ発売がきっかけだった。


 また、スマートフォンの割合の数値は、地域によってかなり異なり、四つの地域区分のうち、東京圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)では、6月の時点で63.2%とすでに6割を超えているのに対し、名古屋圏(愛知県・三重県・岐阜県)は58.1%、大阪圏(大阪府・兵庫県・京都府)、その他(東京圏・大阪圏・名古屋圏に該当しないすべて)はともに40%台で5割未満だった。携帯電話全体の販売台数のうち、東京圏とその他がそれぞれ4割弱を占め、「東京圏」と「その他」での数字が全体を左右する。


 7月9日にNTTドコモの注目機種「Xperia acro SO-02C」が発売になり、7月に限ると、「GALAXY S II」を上回る売れ行きをみせている。「GALAXY S II」と「Xperia acro」の2機種がけん引して、7月1日~20日までの途中集計では、携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの割合は59.5%と、さらに増加している。前述の東京圏に限ると、68.2%と何と7割近い。一方、その他は55.3%と、ようやく5割に乗った状況だ。着実に全国に広まりつつあるが、現状は、東京圏を中心とした人気といえるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング