ページの先頭です。


2011年2月の携帯電話ランキング、トップは変わらず、「IS04」が3位に初登場

2011/03/25 20:00

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 2011年2月の携帯電話ランキングは、au初の防水スマートフォン「REGZA Phone IS04」が3位に登場した以外、あまり動きはなかった。1位・2位は前月と同じで、6位まですべてスマートフォンだ。携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの比率は、前月より3.2ポイント増えて44.3%。昨年12月の48.1%に次ぐ高い水準となった。すでに3月も終わりに近くなってしまったが、2月の月間ランキングを紹介しよう。

「GALAXY S」が3か月連続トップを獲得、「REGZA Phone IS04」は3位に



 量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、SIMフリー端末を含む携帯電話全体の2月の販売台数1位は、NTTドコモのサムスン電子製のAndroid 2.2搭載スマートフォン「GALAXY S SC-02B」だった。昨年12月今年1月に続き、トップ獲得は3か月連続で、販売台数は昨年12月をピークに下がっているものの、2月は前月から微減にとどまっている。

2011年2月 携帯電話
販売台数ランキング<全キャリア合算>
順位 キャリア メーカー 品名 型番 販売台数シェア(%) 発売年月
1 NTTドコモ SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY S SC-02B 7.8 2010/10
2 NTTドコモ 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone T-01C T-01C 7.4 2010/12
3 au 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone IS04 IS04 6.5 2011/02
4 SoftBank アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB 5.2 2010/06
5 SoftBank アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB 4.8 2010/06
6 NTTドコモ シャープ LYNX 3D SH-03C 3.4 2010/12
7 au 京セラ 簡単ケータイ K005 K005 3.1 2010/06
8 au シャープ IS03 IS03 2.8 2010/11
9 au ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ URBANO MOND SOY04 2.5 2010/10
10 NTTドコモ パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B 2.3 2010/09
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年2月 月次<最大パネル>

 2位は、前月と同じくNTTドコモ「REGZA Phone T-01C」。3位には、2月10日発売のau「REGZA Phone IS04」が入った。「REGZA Phone」の名の通り、この2機種は、同じ富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のAndroid搭載スマートフォン。ほぼ同じ仕様の兄弟機だが、デザインとカラー、一部の機能が異なる。人気のポイントは、やはりIPX5/IPX7の「防水性能」だろう。現時点では、それぞれのキャリアで唯一の防水スマートフォンだ。

左から、GALAXY S SC-02B(メタリックブラック)、REGZA Phone T-01C(Mellow Bordeaux)、REGZA Phone IS04(ホワイト)

 4位・5位には「iPhone 4」の16GBモデル、32GBモデルが続いた。メモリ容量ごとに別々にカウントしている16GBモデルと32GBモデルを合算すると、「iPhone 4」のシェアは10.0%となり、「GALAXY S」の7.8%を2.1ポイント上回ってトップに立つ。実質的には、「iPhone 4」の売れ行きが頭一つ飛び抜けている状況だ。

 3月に入ってからは、再びAndroid搭載スマートフォンの発売ラッシュが始まった。「IS05」「MEDIAS N-04C」、そして、iPhone以外のスマートフォンで初めて本格的にヒットした「Xperia SO-01B」の後継機「Xperia arc SO-01C」が相次いで発売。3月のトップ争いは、3月15日発売の「MEDIAS」と3月24日発売の「Xperia arc」の一騎打ちになりそうだ。

左から、MEDIAS N-04C(MEDIAS Black)、Xperia arc(メインカラーのSakura Pink)

 続いて、主要3キャリア、NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクモバイル(SoftBank)について、それぞれ2011年2月の月間トップ10を紹介しよう。NTTドコモは、1位から4位まで、前月とまったく変わりがない。5位以下には動きがあり、7位・8位に、トップ10からしばらく姿を消していた「らくらくホン」シリーズの「らくらくホン7 F-09B」「らくらくホン ベーシックII F-07A」が再びランクインしている。

2011年2月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<NTTドコモ>
順位 メーカー 品名 型番 ディスプレイサイズ(インチ) メインカメラの有効画素数(万画素) 発売年月
1 SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY S SC-02B 4.0 500 2010/10
2 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone T-01C T-01C 4.0 1220 2010/12
3 シャープ LYNX 3D SH-03C 3.8 960 2010/12
4 パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B 2.9 510 2010/09
5 富士通 F-04C F-04C 3.0 510 2011/01
6 富士通 F-01C F-01C 3.4 1320 2010/11
7 富士通 らくらくホン7 F-09B 3.0 810 2010/07
8 富士通 らくらくホン ベーシックII F-07A 2.4 200 2009/04
9 SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY Tab SC-01C 7.0 320 2010/11
10 シャープ AQUOS SHOT SH-01C 3.4 1410 2010/11
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年2月 月次<最大パネル>

 auは、Android搭載スマートフォン「REGZA Phone IS04」が初の1位を獲得。「IS04」と3位の「IS03」以外は従来型の携帯電話で、そのうち7位の「Cyber-shotケータイ S006」と10位の「SH011」は、今年1月発売の最新機種だ。

2011年2月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<au>
順位 メーカー 品名 型番 ディスプレイサイズ(インチ) メインカメラの有効画素数(万画素) 発売年月
1 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone IS04 IS04 4.0 1220 2011/02
2 京セラ 簡単ケータイ K005 K005 3.0 331 2010/06
3 シャープ IS03 IS03 3.5 957 2010/11
4 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ URBANO MOND SOY04 3.2 812 2010/10
5 シャープ SH009 SH009 3.2 800 2010/10
6 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ T005 T005 3.0 808 2010/10
7 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Cyber-shotケータイ S006 S006 3.3 1620 2011/01
8 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Cyber-shotケータイ S003 S003 3.2 1209 2010/05
9 京セラ K006 K006 3.0 331 2010/09
10 シャープ SH011 SH011 3.2 957 2011/01
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年2月 月次<最大パネル>

 ソフトバンクモバイルは、1位・2位は前月と変わらず。4位に「GALAPAGOS SoftBank 003SH」、7位にフルキーボードを備えた2月25日発売の「GALAPAGOS SoftBank 005SH」が入った。ソフトバンク オンラインショップは、3月18日付けで「HTC Desire HD SoftBank 001HT」とモバイルタブレット「DELL Streak SoftBank 001DL」の値下げを行い、あわせて店頭での販売価格も下がっている。安くAndroid端末を手に入れたい人はチェックしたい。

2011年2月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<SoftBank>
順位 メーカー 品名 型番 ディスプレイサイズ(インチ) メインカメラの有効画素数(万画素) 発売年月
1 アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB 3.5 500 2010/06
2 アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB 3.5 500 2010/06
3 シャープ PANTONE 3 001SH 2.9 320 2010/11
3 シャープ GALAPAGOS 003SH 3.8 960 2010/12
5 パナソニック モバイルコミュニケーションズ COLOR LIFE 840P 840P 3.2 810 2009/12
6 シャープ mirumo2 944SH 3.2 800 2010/06
7 シャープ GALAPAGOS 005SH 005SH 3.8 800 2011/02
8 シャープ Jelly Beans 840SH 840SH 2.9 200 2010/02
9 シャープ THE PREMIUM7 WATERPROOF 004SH 3.4 960 2011/01
10 シャープ AQUOS SHOT 002SH 002SH 3.4 1410 2010/11
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2011年2月 月次<最大パネル>

大震災で鮮明になったケータイ・スマートフォンの利点



 3月11日の東北地方太平洋沖地震は、東日本の太平洋沿岸を中心とした広い地域に未曾有の被害をもたらした。この日を境に、改めて携帯電話・スマートフォンに注目が集まっていると感じる。“自分らしさ”や“流行”といった表面的な価値ではなく、自分の身を守る情報収集/発信ツールとしての実用的な価値だ。地震・津波による被害が甚大だった場所では、携帯電話はまったく役に立たなかったと報道されている。事実、その通りだろう。しかし、被害が軽微だった場所では、電話は通じないものの、メールやインターネットは利用でき、家族・友人との連絡や情報収集に大いに役に立ったことだろう。

 従来の携帯電話(フィーチャーフォン)は、スマートフォンに比べると、バッテリのもちのよさ、メールのしやすさが魅力だ。搭載機種なら、地震の揺れが現在地に到達する前に知らせてくれる「緊急地震速報」や「ワンセグ」も役に立つ。対してスマートフォンは、パソコン同様、さまざまなウェブサイトを通じて得られる情報量の多さと豊富なアプリが魅力だ。画面が大きいので見やすく、検索などの操作もしやすい。有料アプリが期間限定で無料化されるなど、対応スピードが速いのもメリットだ。

左から、iPhone/iPad用アプリを配信する「iTunes App Store」、Android用アプリを配信する「Androidマーケット」の画面(ともにパソコンからアクセスしたもの)

 それぞれ一長一短があり、どちらがいいとは言いがたい。ただ、今回の地震や計画停電の体験を通じて、金銭的に余裕があり、持ち歩く重さが苦でなければ、通話メインの携帯電話とスマートフォン、もしくはiPadなどデータ通信に対応したタブレット端末の「2台持ち」が一番安心できると思った。さらに、大切な人との連絡手段は、携帯・固定電話だけではなく、メールやTwitter、SNSなど複数を用意し、状況に応じて使い分けられるようにしておくと、万が一の時に焦らずに済む。

 別の事情もある。携帯電話とスマートフォンの「2台持ち」が一般化すれば、頭打ちになりつつある携帯電話市場は拡大する。逆に、今回の震災を機に、どちらか一方で十分だが、その代わり予備バッテリを常に携帯する人が増えるかもしれない。どちらにしても、必要なときに回線がつながらなくては意味がない。端末の魅力とは別に、携帯電話キャリアに対する「通話エリア」や「通話品質」に対する評価がよりシビアになるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。
【BCNからのお知らせ】

3月から、携帯電話・スマートフォンのスペック情報を大幅に拡充しました。常設のランキングページにアクセスし、左側の「用途で選ぶ」「メーカーで選ぶ」「スペックで選ぶ」のチェックボックスにチェックを入れると、該当する機種だけに絞ったランキング(上位80位まで)が表示されます。なお、チェックした項目の数や組み合わせによっては、正しい絞り込み結果(順位)が表示されない場合があります。その場合は、いったん全条件をクリアしてやり直してください。

○主な絞り込み条件(2011年3月25日現在)

<用途で選ぶ>
・発売から3か月以内の新製品
・Android搭載モデル
・防水モデル
・キッズ、シニア向けモデル

<スペックで選ぶ>
・キャリア
・タイプ(携帯電話/スマートフォン)
・ディスプレイサイズ
・カメラ有効画素数
・無線LANの有無
・ワンセグ・FMラジオの有無 ※来週追加予定
…etc

 ケースや液晶保護フィルムなど、スマートフォン用アクセサリのランキングも公開しています。ランキングページの見方・詳しい活用はこちら

PR

この記事の写真

  • 左から、GALAXY S SC-02B(メタリックブラック)、REGZA Phone T-01C(Mellow Bordeaux)、REGZA Phone IS04(ホワイト)
  • 左から、MEDIAS N-04C(MEDIAS Black)、Xperia arc(メインカラーのSakura Pink)
  • 左から、iPhone/iPad用アプリを配信する「iTunes App Store」、Android用アプリを配信する「Androidマーケット」の画面(ともにパソコンからアクセスしたもの)

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング