ページの先頭です。


ガラスの上でもしっかり使える青色LEDマウス、バッファローコクヨサプライ「BSMBU03シリーズ」を体感(1/2)

  • twitterでつぶやく

2011/03/18 11:30

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
    • newsing it!
    • Buzzurlにブックマーク
    • Livedoor クリップに追加
    • この記事をChoix!
    • イザ!ブックマーク
 外出先や自宅のリビングなど、モバイルPCを使うシーンが増えている。そんなとき便利なのが、ガラスや布の上でも動作する「Blue LED センサー」を搭載したバッファローコクヨサプライのマウス「BlueFocusシリーズ」だ。今回は、有線タイプ「BSMBU03シリーズ」の実力を確かめた。

高い読み取り性能をもつ「Blue LED センサー」



 まずは、Blue LED センサーについて説明しよう。Blue LED センサー搭載のマウスは、底面の青色LEDが光を発し、その反射光をセンサが読み取ってマウスの動きを検知する。基本的な仕組みは従来の光学式(赤色LED)やレーザー式と同じだ。

BSMBU03シリーズ

 Blue LED センサーは、他方式に比べて高い読み取り性能をもつ。その秘密は、光の色。青い光は、赤や緑の光よりも波長が短く、空気中の分子にぶつかりやすい。このため光の反射率や拡散率が高く、光学式やレーザー光では読み取れないような、わずかな凹凸や表面の変化を認識できるのだ。従来のマウスでは難しかったガラスや透明なシートの上でも、マウスの移動を正確に読み取ることができ、快適に操作できる。

読み取り性能が高いBlue LED

ガラスやカーペットの上でも動作はスムーズ



 それでは、バッファローコクヨサプライのBlue LED センサー採用モデル「BlueFocusシリーズ」の一つ、有線タイプ「BSMBU03シリーズ」の実力をチェックしよう。パッケージでは、「ガラステーブル」「透明シート」「布の上」「紙の上」でもOK、と表示している。まずは、カフェやリビングのテーブルでよく見かける、スリガラスのテーブルの上で試した。果たして使えるのだろうか?

ガラス面でもスムーズに操作できる

 結果は一瞬でわかった。手持ちの光学式(赤色LED)マウスは、カーソルの動きが不安定で使い物にならなかったのに対し、「BSMBU03シリーズ」は、マウスパッドの上で使っているかのように快適だ。カーソルが反応しなかったり、意図しない位置に移動したりすることは一切ない。
  • twitterでつぶやく

PR

この記事の写真

  • BSMBU03シリーズ
  • 読み取り性能が高いBlue LED
  • ガラス面でもスムーズに操作できる
  • カーペットでもポインタはすいすい動く
  • 七つのモードから選ぶ「簡単モード選択」
  • 今回紹介したBSMBU03シリーズの無線タイプ「BSMBW03シリーズ」
  • Blue LED センサー採用の小型マウス「BSMBU04Sシリーズ」

Twitter上でニュースを配信!

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング