ページの先頭です。


iPadに話題集中の2010年、一番売れたノートPC&iPadは?(1/3)

2010/12/29 19:31

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 2010年、最も話題になったデジタル製品といえば、1月に発表され、国内では5月28日に発売されたアップルの「iPad」だろう。iPadはパソコンとスマートフォンの中間的な存在で、新たなジャンルを創造したといっていい。とはいえ、ライバルはまだ少なく、現時点ではiPadの独壇場だ。そこで今回は、BCNランキングのデータをもとに、ネットブックを含む「ノートPC」とiPadをはじめとする「スレート」を合算し、2010年のノートPC総合ランキングを紹介しよう。

アップルの「iPad」に注目が集まる ネットブックは縮小へ



 「スレート」とは、iPadのように画面を指で触って操作する板状のモバイル端末のこと。一般的には「タブレット」あるいは、OS名を加えて「Androidタブレット」などと呼ばれることが多い。新たなコンピュータのかたちとして、2010年、大いに注目を集めた。

 iPad以外の製品もいくつか発売されたが、2010年1月から11月までの累計で、アップルがメーカー別販売台数シェアの98.1%を占め、人気は集中している。一つのジャンルとして、まだ「立ち上がった」とはいいにくい。そこで今回は、ノートPCと合算して集計した。

 まず、2010年のパソコン市場を簡単に振り返ろう。2010年1月~11月の累計では、パソコン全体(デスクトップPC+ノートPC+スレート)の販売台数のうち、ノートPCが76.7%を占めた。「パソコンといえばノートPC」という図式だ。次はデスクトップPCで19.0%。注目度の高さとは裏腹に、スレートは4.3%にとどまる。

 しかし、1月~4月まではパソコン全体の8割を超えていたノートPCの構成比は、5月以降、70%台に低下。代わりにスレートの構成比が拡大し、6月には最大となる9.9%を記録した。デスクトップPCの構成比は10%台後半~20%台前半の間で推移しており、ノートPCとスレートの間にしか相関は見られない。

パソコン タイプ別販売台数構成比の推移(2010年1月-11月)


 ノートPCのなかでも、画面サイズが12.1型以下のネットブック、スタンダードモバイルノートが落ち込んだ。同じモバイルでの利用を想定したiPadに、需要の一部が食われてしまった格好だ。1月時点ではノートPC全体の販売台数の18.9%を占めていたネットブックの構成比は、11月は8.9%まで落ちている。2008年1月発売のASUS「Eee PC 4G-X」が火付け役となり、「ミニPC」「ミニノートPC」「5万円PC」とも呼ばれたネットブックのブームは、2年弱で終息を迎えたといえるだろう。今後、買い替え時期を迎えるネットブックユーザーが、次のパソコンとして何を選ぶのか、気になるところだ。

ノートPC カテゴリ別販売台数構成比の推移(2010年1月-11月)


ノートPC総合1位は、富士通のスタンダードモデル「FMVNFG50」



 では、本題の2010年のノートPC総合の年間ランキングを紹介しよう。集計期間は2010年1月1日~12月27日。カラーバリエーションは合算して集計した。

PR

この記事の写真

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング