ページの先頭です。


新iPod間もなく発売、ファーストインプレッション(1/3)

2010/09/08 10:01

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 9月2日、アップルはiPodシリーズの新ラインアップを発表した。今週の発売に先立って、新製品を試用する機会を得たので、iPod nanoを中心にファーストインプレッションをお届けしよう。

最も大きな変化を遂げた「iPod nano」



 今回アップルが発表したのは、iPod touch 第4世代(touch)、iPod nano 第6世代(nano)、iPod shuffle 第4世代(shuffle)の3製品だ。中でも一番大きな変化を遂げたのがnanoだ。2005年9月、当時売れ筋だったiPod miniに変わって登場した初代nano。同社のスティーブ・ジョブズCEOがジーンズのポケットから取り出して、その薄さをアピールしたパフォーマンスは、今でも強く記憶に残っている。

第4世代のiPod shuffle(左上)、第6世代のiPod nano、第4世代のiPod touch(右)

 それ以降、nanoは長方形のボディ上部にディスプレイ、下部にクリックホイールという構造を踏襲してきた。07年に発売した第3世代で一度正方形に近い形状を採用したこともあるが、翌年の第4世代で縦長に戻し、第5世代はそれを継承している。こうしたnanoのデザインは、iPodのある種の完成形ともいえるものだった。

 今回登場した第6世代のnanoは、これらの流れをすべて断ち切り、まったく新しい形に生まれ変わった。miniからnanoに変化したように、新たな名前を与えてもいいほどのフルモデルチェンジだ。

第5世代nano(左)との比較。まさにフルモデルチェンジだ

 最も大きく変化したのは、その形状。前モデルに比べ、大きさ、重さともに半分のサイズにした結果、ほぼ正方形のボディになった。そこへ、iPhoneやiPadで市民権を得たマルチタッチインターフェースを組み込み、ほとんどすべての操作を、対角1.54インチの小さなディスプレイに触れて行う仕様にしている。

 これで、01年に誕生した初代iPodから受け継がれてきたクリックホイールを搭載するモデルは、iPod classicだけになった。時代の流れとはいえ、直感的ですぐれたインターフェースが徐々に姿を消していくのには、一抹の寂しさを覚える。

音楽を聴くという原点に回帰



 今回のnanoには、前モデルから搭載しているFMラジオや歩数計も組み込んだ。また、ディスプレイの大きさが男性用腕時計の文字盤と同程度の大きさであることからか、アナログ時計機能も新たに搭載。また、これまでshuffleのみに採用していたクリップを初めて備え、ポケットの少ない服を着ることが多い女性の使い勝手を向上させた。

本体のボタンは、上面にあるスリープ/スリープ解除ボタン(上)とボリュームボタンだけ。クリップがついて持ち歩きが便利になった

PR

この記事の写真

  • 第4世代のiPod shuffle(左上)、第6世代のiPod nano、第4世代のiPod touch(右)
  • 第5世代nano(左)との比較。まさにフルモデルチェンジだ
  • 本体のボタンは、上面にあるスリープ/スリープ解除ボタン(上)とボリュームボタンだけ。クリップがついて持ち歩きが便利になった
  • 動画対応ではなくなったが写真の閲覧機能は残った
  • 付属のイヤホンならぐるぐる巻きになんとか耐えられる?
  • マルチタッチディスプレイに触れて操作。小さいので慣れが必要だ
  • 新しいnano(左)とshuffle。いずれもほぼ正方形の形状になった
  • 早くも100万人単位で会員が増えている新機能「Ping」

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング