ページの先頭です。


地デジPC急速拡大中! デスクトップPCの半数が地デジチューナー内蔵(1/2)

2010/08/05 11:55

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 PCに地デジ視聴や録画ができるモデルがあることをご存じだろうか。今や、デスクトップPCの販売台数の半数が、地デジチューナー内蔵の「地デジPC」になっている。最近では、PC売り場に「PCも地デジカ」のキャッチを掲げ、専用コーナーを設けている家電量販店もある。ネットやメール、写真や音楽データの管理などに使っているメインPCを買い替えるなら、PC+テレビ+レコーダーの一台三役をこなすすぐれもの、地デジPCをチェックしよう。実際にどんなモデルが売れているのか、BCNランキングで売れ筋を紹介する。なお、集計はカラーバリエーションを合算した「シリーズ」で行い、価格はすべて税別平均価格。

10万円程度から手に入る地デジPC



 まずは、2010年7月の実売データによるデスクトップの地デジチューナー内蔵モデルの売れ筋トップ5をみていこう。販売台数シェア1位は、20型液晶と本体が一体になったNEC「VALUESTAR VN370/BS6」で、シェアは9.9%だった。CPUにCeleron P4500(1.86GHz)、4GBメモリ、500GBの内蔵HDD、DVDドライブを搭載。OSは、Windows 7 Home Premium 64ビット版を採用している。地デジチューナーは1基で、液晶の解像度は1600×900画素のハイビジョンに対応する。VNシリーズのエントリーモデルで、価格は12万2000円強。デスクトップPC市場全体でのシリーズ別シェアでも1位だった。

地デジチューナー内蔵デスクトップPC シリーズ別 販売台数シェア トップ10
順位 メーカー名 品名 型番・シリーズ名 画面サイズ チューナー種類 販売台数
シェア
(%)
1 NEC VALUESTAR VN370/BS6 20.0 地上デジタル 9.9
2 ソニー VAIO J VPCJ118FJ 21.5 地上・BS・CSデジタル 6.3
3 NEC VALUESTAR VW770/BS6 23.0 地上・BS・CSデジタル 5.6
4 富士通 ESPRIMO FMVF531AT 20.0 地上デジタル 5.2
5 NEC VALUESTAR VN370/AS6 20.0 地上デジタル 4.6
6 NEC VALUESTAR VN770/BS6 20.0 地上デジタル 4.5
7 富士通 ESPRIMO FMVF705AT 23.0 地上デジタル 4.1
8 ソニー VAIO J VPCJ117FJ 21.5 地上デジタル 3.6
9 NEC VALUESTAR VN770/BS6B 20.0 地上デジタル 3.5
10 ソニー VAIO J VGC-JS74FB/W 20.1 地上デジタル 2.9
「BCNランキング」 2010年7月 月次<最大パネル>

 Windows 7搭載の地デジPCは、デスクトップ、ノートともに、ほとんどがハイビジョン対応。XPやVistaのときのテレビパソコンの画質とは格段の差で、また最新のOSであるWindows 7、そしてCPUやグラフィック性能の向上などによって、負荷のかかる映像処理作業もサクサク進む。

NEC「VALUESTAR VN370/BS6」

 2位はソニーの「VAIO J VPCJ118FJ」で、6.3%のシェア。21.5型フルハイビジョン(HD)液晶の一体型で、地上・BS・CSデジタルの3波チューナーをそれぞれ2基ずつ搭載し、ダブル録画ができる。CPUはCore i5-450M(2.40GHz)、メモリは4GBを備え、大容量1TBのHDD、BDドライブを内蔵した充実モデルだ。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。価格は16万円で、小型テレビ、BDレコーダー、PCを別々に揃えることを考えるとお得だ。

ソニー「VAIO J VPCJ118FJ/WI」

 3位には、23型フルHD液晶の一体型、NEC「VALUESTAR VW770/BS6」がシェア5.6%で入った。液晶に視野角が広いIPSパネルを、スピーカーにYAMAHAサウンドシステムを採用していることなどが特徴。CPUはCore i5-650(3.20GHz)、メモリは4GBで、1TBのHDDとBDドライブを備える。チューナーは3波のダブルチューナーで、ダブル録画ができる。価格は18万2000円。こちらも、フル装備といえる機種だ。

NEC「VALUESTAR VW770/BS6」

 4位はシェア5.2%の富士通「ESPRIMO FMVF531AT」。6月発売の新モデルで、従来の「DESKPOWER」から「ESPRIMO」にブランドを一新した製品だ。1600×900画素の20型液晶を搭載した一体型で、チューナーは地デジ×1基、CPUはCeleron T3300(2.00GHz)で、500GBのHDD、DVDドライブなどを備えるエントリーモデルである。富士通の一体型デスクトップPCの夏モデルは、5シリーズのうち3シリーズが液晶のタッチ操作に対応しているが、「FMVF531AT」は非対応。価格は11万9000円強。

富士通 「ESPRIMO FMVF531AT」

 5位は4月発売のNEC「VALUESTAR VN370/AS6」で、シェアは4.6%。1位のNEC「VN370/BS6」とほぼ同じスペックで、オフィスソフトが旧バージョンの「Office 2007」だ。価格は10万1000円強なので、最新のオフィスにこだわらなければ、お得感がある。なお、上位5機種中4位までは、すべて最新のオフィスソフト「Office 2010」を搭載している。

PR

この記事の写真

  • NEC「VALUESTAR VN370/BS6」
  • ソニー「VAIO J VPCJ118FJ/WI」
  • NEC「VALUESTAR VW770/BS6」
  • 富士通 「ESPRIMO FMVF531AT」
  • 東芝「dynabook Qosmio V65 PQV6587MRF」
  • 東芝 「dynabook TV PATV64LLT」
  • ソニー VAIO F「VPCF128FJ」
  • NEC「LaVie LM370/AS6」

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング