ページの先頭です。


アプリで広がるiPadの楽しみ方、ゲームにエンタメ、情報収集など、注目アプリを一挙紹介(1/3)

2010/08/04 10:37

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 発売直後にiPadを手に入れた筆者。バッグを持たない時でもiPadだけは手放さずに、喫茶店や会議室、自宅など、あらゆるところで利用している。最初は少なかったiPad用のアプリケーションも日に日に充実してきていて、片っ端からダウンロードしている。9.7型の大画面を存分に生かしたアプリの数々をご紹介しよう。

アプリをダウンロードすることで、自分仕様にカスタマイズできるiPad

ウェブ、地図、メールなど、プリインストールアプリが使いやすい



 iPadがプリインストールしているアプリは、インターネットブラウザのSafari、メール、写真、カレンダー、連絡先、メモ、マップ、ビデオ、YouTubeなど。iPhone 3Gから、電卓や天気、株価などのアプリがなくなっている。iPadは、iPhone用のアプリのほとんどが動作し、表示は2倍に拡大することができるが、プリインストールアプリについてはすべてiPad用にリニューアルしている。

 ブラウザのSafariは、1024×769ドットの大画面になり、一覧性が格段に向上した。このサイズでも見にくいときは、ピンチ操作で拡大すればいい。iPhoneと同じくflashには対応していないが、ほとんどのウェブサイトを表示できる。手の中にウェブページがあるような感覚で、書籍のように読める。ネットサーフィンの時間が、また長くなりそうだ。

 マップは画面が広くなったおかげで、地図帳のように使える。iPhoneでは、目的地や現在位置の近くしか表示できず、広範囲を表示すると細かい道が見えなくなっていた。その点、iPadなら、広範囲を詳細表示できるので、目的地までの道順が一目瞭然だ。マップと航空写真のほか、地形表示もできるようになった。

広い範囲を表示できるマップ

 メールアプリは、iPadを横向きにすれば、分割した画面に、開いたメールの本文と受信ボックスにあるメッセージの両方、さらに、各メッセージの2行のプレビューを表示する。受信件数が多くてもサクサク処理できる。POPはもちろん、IMAPにも対応している。ただし、iPhone 4のように複数アカウントのメールをまとめて扱うことはできない。

手紙のようにメールが読める

 YouTubeは、サムネイルで動画を選べるようになった。動画の情報や関連動画を表示するなど、情報の一覧性が格段に向上している。Wi-Fi接続ならハイビジョン映像も再生できる。カレンダーは、縦向きでは1か月の予定や、1日の詳しいスケジュールの確認、横向きでは、その日の予定のリストと詳細なスケジュールを並べて閲覧できるなど、大画面用にインターフェースを一新。紙の手帳のように使える。

電子書籍リーダーとしても文句なし、コンテンツの早期充実に期待



 iPadは電子書籍専用の端末ではないが、電子書籍リーダーとしての機能もハイレベルだ。フルカラー表示で、動画の表示もできる。動作が速く、すばらしい読書体験が得られる。

 小説は、単行本よりも大きく表示するので閲覧性は上々。端末が680-730gあるので、片手で長時間持ちながら読書するのはつらいが、抱えるようにすれば問題ない。スタンド代わりになるiPadケースを利用すれば、長時間の閲覧も快適だ。

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の電子書籍版『Alice for the iPad』。
時計が動くのは電子書籍ならでは

 日本では、電子書籍の主導権を得るべく、さまざまな出版社や企業が独自のアプリを投入している。『OZmagazine』のように雑誌タイトルごとにアプリを用意するほか、複数の媒体を扱う書店形式の「ビューン」や「マガストア 電子雑誌書店」のようなアプリもある。京極夏彦の『死ねばいいのに』や井上篤夫の『志高く 孫正義正伝 完全版 HD』のように、書籍を単体のアプリとしてで発売しているケースもある。

『週刊SPA!』などの雑誌を購入できる「マガストア」

PR

この記事の写真

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング