ページの先頭です。


ソニー「NEX-5」が2位、ミラーレスが約3割まで拡大した2010年6月のデジ一眼ランキング

2010/07/16 18:37

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 6月のデジタル一眼市場は、ソニーからミラーレス一眼が登場したことで大いに盛り上がった。その「NEX-5」「NEX-3」はどこまで販売台数シェアを伸ばしたのか、2010年6月のデジタル一眼の売れ筋トップ10をみていこう。なお、カラーバリエーションや付属レンズなどの違いは合算して集計した。

デジタル一眼カメラ シリーズ別ランキング 2010年6月
順位 メーカー名 型番・シリーズ名 画素数(万画素) 販売台数シェア(%)
1 ニコン D90 1230 14.6
2 ソニー NEX-5 1420 11.1
3 キヤノン EOS Kiss X4 1800 10.9
4 キヤノン EOS Kiss X3 1510 8.1
5 ニコン D5000 1230 7.5
6 ニコン D3000 1020 6.9
7 オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL1 1230 5.9
8 ソニー NEX-3 1420 5.3
9 HOYA PENTAX K-x 1240 4.4
10 パナソニック LUMIX GF1 1210 4.1

「BCNランキング」 2010年6月月次 <最大パネル>



 1位は、APS-Cサイズ相当のCMOSセンサーを搭載するニコン「D90」で、販売台数シェアは14.6%だった。動画撮影機能や約4.5コマ/秒の連写性能、視野率約96%のファインダーなど、小型ボディに高機能を凝縮している。税別の平均単価は、発売月の08年9月は13万円台後半だったが、10年6月には約10万円まで下がってきているので、狙い目だ。

D90

 売れ行きが気になるソニーの「NEX」シリーズは、フルハイビジョン動画を撮影できる「NEX-5」が11.1%で2位にランクイン。まずまずの出だしだ。カラーバリエーションが多い「NEX-3」は、5.3%で8位に入っている。

「NEX-5」と「NEX-3」

 ミラーレス一眼は、パナソニックやオリンパスが採用するマイクロフォーサーズ規格に加え、ソニーが市場に参入したことで、選択肢が増えた。デジタル一眼全体に占めるミラーレス一眼の販売台数の割合は、5月の18.8%から、6月は32.5%まで拡大している。

 続いて3位と4位には、キヤノンのエントリー機「EOS Kiss」の新旧モデルが入った。3位は「EOS Kiss X4」で10.9%、4位は「EOS Kiss X3」で8.1%だった。先月のランキングでは14.7%で1位を獲得した「EOS Kiss X4」だったが、ソニー「NEX」の勢いに押されている。

EOS Kiss X4

 ソニー「NEX」シリーズの好調で市場が伸びているミラーレス一眼だが、他社製品は、オリンパスの「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」が5.9%で7位、パナソニックの「LUMIX GF1」が4.1%で10位、「LUMIX G2」が3.4%で11位と、なかなかランキングのトップ5には入ってこない。「NEX」シリーズの盛り上がりが落ち着いた後も、今の勢いを維持できるかどうかが、ミラーレス一眼の市場確立のカギとなるだろう。(BCN・武井美野里)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで129品目を対象としています。

PR

この記事の写真

  • D90
  • 「NEX-5」と「NEX-3」
  • EOS Kiss X4

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング