ページの先頭です。


地デジパソコン夏モデル速攻レビュー 高音質を堪能できるオンキヨー23型液晶一体型「E713A9B」(1/3)

2010/06/30 19:08

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 Windows 7搭載の最新のパソコンは、すぐれたAV性能を備え、エンタテインメントを存分に楽しめる機種が多い。地上デジタル放送が視聴できる「地デジパソコン」もその一つ。ここでは、大手各社の地デジパソコン夏モデルを使いながら、その特徴やメリットを紹介する。第4回は、オンキヨーのデスクトップパソコン「E713A9B」だ。音響機器メーカーだけに、他のパソコンとはひと味違うサウンドが体験できる。

<<2台目テレビもXPパソコンも買い替えるなら地デジパソコン!>>

23型液晶一体型大画面パソコン、黒が引き締まる鮮やかな画質



 オンキヨーのE713シリーズ「E713A9B」は、地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーやBDドライブを搭載した23型液晶一体型のパソコンだ。本体は艶のあるブラックで、液晶下部にスピーカーを搭載している。液晶の解像度は1920×1080画素のフルハイビジョン。画質は黒が引き締まり、鮮やかですばらしい。視野角も広く、家族など複数で見るにも問題なし。背面のスタンドを倒せば角度の調節も可能。スタンドはしっかりした作りで、安心感がある。

オンキヨー「E713A9B」

 インターフェースは左右と背面に搭載。USB2.0ポートが6基のほか、eSATA、IEEE1394も備えているので、拡張性は十分。外付けHDDをeSATAにつなげば、高速データ転送が可能だ。AVパソコンらしくHDMI入力端子を備えており、PS3などのゲーム機と接続することができる。もちろん、パソコンの電源は入っていなくてもいい。HDMI出力を備えている別のパソコンのディスプレイとしても利用できる。

インターフェースは左右と背面に搭載

 また、ライン入力とリアスピーカー出力の兼用端子やセンタースピーカーやサブウーファーの出力端子など、音にこだわるオンキヨーらしい装備も付いている。ネットワーク機能は、ギガビット対応LANとIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを搭載。Bluetoothは搭載していない。ACアダプタの出力は入力AC100-240V、出力DC19.5V。

他のパソコンとはひと味違うサウンド



 液晶下部に搭載しているスピーカーは5W×2で、直径10cmのウーファー振動板相当の振動板面積をもつ専用スリムスピーカーユニットを採用。厚みのあるサウンドが再生できる。ツインマグネットを使い、強い駆動力を得ながらも薄さ10mmにまとめているのがポイントだ。

世界で初めてパソコンに高音質技術「DTS Premium Suite」を搭載

 世界で初めてパソコンに米dts社のPC向け高音質技術「DTS Premium Suite」を搭載したことも見逃せない。他のパソコンとはひと味違うサウンドを体験できる。マルチチャンネルのロスレス・オーディオをスタジオマスターと同じ音質で再現する「DTS-HD Master Audio」や、パソコンとホームシアターシステムを光ケーブルで接続してマルチチャンネルソースを楽しむ「DTS Connect」などが利用できる。

PR

この記事の写真

  • オンキヨー「E713A9B」
  • インターフェースは左右と背面に搭載
  • 世界で初めてパソコンに高音質技術「DTS Premium Suite」を搭載
  • Windows 7標準のベンチマークプログラムで計測
  • テンキー付きのフルキーボードとシンプルなマウスが付属
  • テレビ視聴ソフトは「Station TV」。「テレビNaviガジェット」は番組情報のチェックに便利
  • スライド式の「iPod Dock」にiPodを装着

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング