ページの先頭です。


超小型一眼「LUMIX GF1」を試す――写真撮影の原点も味わえる本気カメラだ(1/5)

2009/10/06 12:51

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 パナソニックが9月18日に発売したデジタル一眼「LUMIX GF1」(DMC-GF1)の人気が、発売早々高まっている。マイクロフォーサーズ規格で小型・軽量の「ファッション・ムービー一眼」GF1は、09年9月の「BCNランキング」で、デジタル一眼のカラーバリエーションやレンズキットを合算したシリーズ別の販売台数ランキングでいきなり6位に登場。カメラ店の店頭で展示機を手に取る人、店員にあれこれ質問する人の姿は、まったく途切れる様子を見せない。他の製品より明らかに若い女性が多いのも特徴的だ。そんなGF1の魅力を、実際に撮影して確かめてみた。

パナソニックの本気度がうかがえる「LUMIX GF1」

白ボディは美しい陶器のような仕上がりが魅力



 GF1は、同社が昨年10月に発売した「LUMIX G1」、この4月に発売した「LUMIX GH1」に続くモデル。パナソニックのマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼では3機種目の製品だ。先行する2機種が、従来の一眼レフカメラに近いデザインだったのに対して、GF1は、EVF(電子ビューファインダー)を搭載せず、オプションとすることで独自のデザインに仕上げている。マイクロフォーサーズ機でこちらも大人気のオリンパス「PEN E-P1」と、同じカテゴリのカメラだ。

グリップ部分のデザイン処理など、LX3(左)とGF1はとてもよく似ている

 GF1のボディデザインは、一眼というより高級コンパクトデジタルカメラの「LUMIX LX3」に近い。その点では、G1、GH1が、一眼レフカメラをよりコンパクトカメラに近づけたもの、だったのに対して、GF1はその逆で、コンパクトカメラの使い勝手をそのままに、撮る楽しみをよりいっそう一眼レフカメラに近づけたカメラ、といえるかもしれない。

モードダイヤルや電源スイッチはLUMIXシリーズ共通のテイスト
電源スイッチがスライド式なのを評価するファンは多い

内蔵ストロボは独特のギミックで注目の的



 G1、GH1と、GF1のボディデザインを比較すると、EVFの有無だけでなく、グリップの大きさもかなり異なる。GF1は小さめなグリップだが、手にしてみると、指がかりもしっかりしていて、片手でもかなり安定してホールドできる。

 このあたりにも、LX3で培われたノウハウが活かされているようだ。しかし、GF1を手にした感じは、コンパクトカメラというより、むしろレンジファインダーカメラや小型一眼レフカメラに近い印象だ。GF1は、それだけ剛性感があってよく手に馴染むし、存在感を満喫させてくるカメラだ。

「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F4・1/60秒・EV±0・ISO100
[画像をクリックすると原寸大の写真を表示します]

 ところで、GF1の内蔵ストロボは、その凝ったギミックでよく話題にのぼる。レンズ鏡胴やフードによるストロボ光のケラレを抑えるために、一般的なポップアップストロボよりも、発光部が高くせり上がる仕掛けになっているからだ。その構造はさながらパンタグラフのよう。発光部を支える3本足の耐久性を懸念する声も聞かれるようだが、試用してみた限りでは、あまり気にならなかった。けっこうしっかりしたつくりになっている。ただし、発光部がかなり飛び出す格好になるので、誤って何かにぶつけたりしないよう、撮影後はすぐにストロボを収納するクセをつけておいたほうが無難だろう。

ポップアップした内蔵ストロボ
発光部を高く支える脚部はパンタグラフ風の複雑な構造だ

メニュー操作はよく考えられていて直感的



 GF1は操作性もいい。パナソニックのコンパクトデジタルカメラを使ったことのあるユーザーなら、ほぼ違和感なく使いこなせるだろう。ボタン類の配置、メニュー構成もよく考えられていて、筆者も、取扱説明書を見るまでもなく、ほとんどの操作が行えた。特に便利なのが、「Q.MENU」(クイックメニュー)ボタンと「後ダイヤル」だ。

「Q.MENU」ボタンを押すと、液晶モニタ内の項目からダイレクトに設定が変更できる

PR

この記事の写真

  • パナソニックの本気度がうかがえる「LUMIX GF1」
  • グリップ部分のデザイン処理など、LX3(左)とGF1はとてもよく似ている
  • モードダイヤルや電源スイッチはLUMIXシリーズ共通のテイスト
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F4・1/60秒・EV±0・ISO100
  • ポップアップした内蔵ストロボ
  • 「Q.MENU」ボタンを押すと、液晶モニタ内の項目からダイレクトに設定が変更できる
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F2.8・1/250秒・EV±0・ISO100
  • 「露出メーター」で、絞りとシャッター速度の関係をひと目で知ることができ、写真の勉強にもなる
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F7.1・1/80秒・EV±0・ISO100
  • C1、C2と2つのカスタム設定が登録できるモードダイヤル
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1/40秒・EV±0・ISO100
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F5.6・1/160秒・EV±0・ISO100
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F1.7・1/1600秒・EV±0・ISO100
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・4秒・EV±0・ISO200
  • 動画では、AVCHD LiteとMotion JPEGのどちらかのフォーマットで記録できる
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・6秒・EV±0・ISO100
  • GF1のホットシューに装着して使う外付けライブビューファインダー「DMW-LVF1」(左)とその装着例
  • 「LUMIX GF1」+「LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」 F7.1・1/15秒・EV+0.3・ISO100
  • <ISO100>:「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1.6秒・EV±0
  • <ISO200>:「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1秒・EV±0
  • <ISO400>:「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1/2秒・EV±0
  • <ISO800>:「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1/4秒・EV±0
  • <ISO1600>:「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1/8秒・EV±0
  • <ISO3200>:「LUMIX GF1」+「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」 F8・1/10秒・EV±0

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング