ページの先頭です。


LP復活で広がるアーティストの可能性、アップル幹部が語る新iPodとiTunes 9(1/4)

2009/09/14 12:53

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 9月10日、アップルが新しいiPodファミリーとiTunes 9を発表・発売した。これに合わせ、米アップル本社からiPod担当ワールドワイドプロダクトマーケティングのショーン・エリス氏と、iTunesのアジア・パシフィック・カナダ担当のピーター・ロウ氏が来日し、製品の魅力や開発のねらいについて語ってくれた。

iPod nanoになぜデジカメではなくビデオカメラ?



 ワールドワイドの携帯オーディオ市場では、圧倒的なシェアを誇っているアップルだが、こと日本に限っては、アップルのiPodとソニーのウォークマンは他を寄せつけない2強として、このところ激しいシェア争いを繰り広げている。そのため、今回の発表では、やはり「新しいiPodは何がどう変わったのか?」というところにまず目が向いてしまう。

 すでにマスコミ各社も報じているように、iPodファミリーの主力であるiPod nanoにビデオ撮影機能が搭載され、iPodファミリー全体で大幅なプライスダウンが図られたことが、もっとも大きなトピックといえるだろう。

新しいiPod nanoの裏面には、ビデオカメラとマイクがついた

 ところで、iPod nanoに搭載されたのはなぜ、静止画カメラではなく、ビデオカメラだったのだろうか? その点をショーン・エリス氏に尋ねてみると、「自作ビデオを作成して、YouTubeなどで公開して楽しむ人たちが増え続けている。ビデオのほうが、より多くの人と共有して楽しむのに向いている」と語る。たしかに、YouTubeやニコニコ動画などから、ヒット曲やアイドルが生まれていることを考えると、静止画よりも動画のほうが今の時代に合っているといえるかもしれない。

 「新しいnanoは、ビデオカメラ、マイク、スピーカーを搭載して、前モデルとまったく同じ大きさに収めた。しかも液晶ディスプレイは前モデルよりも0.2インチ大きして、0.4gとわずかだが軽くなっているほど。私たちは、nanoのサイズを大きくしないことが重要だと判断した」とエリス氏。静止画も、動画も、となると前モデルと同じサイズのボディに収めるのは難しかったようだ。そこで、「どちらがよりユーザーに楽しみを提供できるか」を考えた上で、静止画は見送り、ビデオだけを選んだという。このあたりの割り切り方は、実にアップルらしいというべきだろう。

 nanoで撮って、2.2型の液晶ディスプレイで見るビデオ映像は、これまでになかった体験でなかなか面白い。しかも、ビデオ撮影しながらリアルタイムに効果が適用できる15種類のエフェクトが内蔵されている。意外な映像も簡単に創り出すことができるわけだ。個人的には、モーションブラーやX線などのエフェクトが面白そうだと思った。

FMラジオと歩数計ではユーザーへの付加価値をプラス



 ビデオカメラを搭載しながらも、16GBモデルで1万7800円という価格で注目を集めている新しいiPod nano。新機能はまだまだほかにもある。その中でも、FMチューナーが搭載されたことと、歩数計が搭載されたことは、大きな出来事だろう。

 FMチューナーの搭載は、「音楽プレーヤーとしてのnanoの魅力を高めるもの」だとエリス氏。「音楽を楽しむことにこだわったから、音楽番組が多いFMラジオを聴けるようにした」という。画期的なのは、「ライブポーズ」と機能。通常聴いているラジオを「一時停止」できるもので、最大15分間、遡って再生できる。nanoでFMラジオを聴いているときに、誰かと出会って立ち話したり、かかってきた電話に応対したりするためにラジオを一時停止しても、その間が15分までなら、一時停止したところからまた聞き続けることができるのだ。

PR

この記事の写真

  • 新しいiPod nanoの裏面には、ビデオカメラとマイクがついた
  • Apple Store限定発売の光沢ステンレススチール仕様のiPod shuffle

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング