ページの先頭です。


キヤノン、毎分30枚の高速出力が可能なレーザープリンタの最上位機種

2009/07/06 14:59

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 キヤノンは7月6日、カラーレーザープリンタ「Satera」シリーズの新製品として、高速出力と快適な操作性を両立したA4サイズ対応の最上位機種「Satera LBP7700C」を7月下旬に発売すると発表した。税別価格は17万8000円。

Satera LBP7700C

 高速4連タンデムエンジンを採用し、カラー/モノクロともに毎分30枚の高速出力を実現。自動両面印刷の場合でも、毎分27ページの印刷が可能になった。給紙カセットやカバーなどには、押すだけで簡単に閉じられる「クローズアシスト機構」を採用したほか、本体に新しいカートリッジをセットするだけでトナーシールを自動的に巻き取る機構などを備え、操作性に配慮している。

 また、操作部には最大5行の文字列やアニメーションなどの表示が可能な「ワイドLCDパネル」を採用。従来のLCDパネルに比べ、作業手順などを把握しやすくしている。LAN接続に対応し、オプションのネットワークボード「NB-W2」を使用すれば、無線LANでの接続も可能。本体サイズは幅517×奥行き530×高さ374mmで、重さ31kg。

PR

この記事の写真

  • Satera LBP7700C

ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング