ページの先頭です。


イイ音イヤホンを探せ! チョイ高モデル5機種を聴き比べ(1/3)

2009/05/28 15:11

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 毎日音楽を楽しむのに欠かせないのがイヤホン。中でも、イヤーパッドを耳の穴に押し込む「カナル型」は人気がある。手持ちの携帯オーディオを買い替えなくても、ちょっと背伸びをして高級イヤホンを購入すれば、音質や装着感はずっとよくなる。そこで、市場推定価格が1万円前後の5機種を選び、実際に試聴してそれぞれの特徴を比較した。

1万円前後のカナル型イヤホン、5機種の顔ぶれは?



 今回レビューで使ったのは、09年4月のカナル型イヤホンの販売台数ランキングで上位に入っていた製品で、ノイズキャンセリングなどの付加機能を搭載しないモデル。ボーズの「BOSE-IE-S」、日本ビクターの「HP-FX500」、オーディオテクニカの「ATH-CKM90」、ソニーの「MDR-EX500SL」の4機種に、6月12日発売予定のShureの新製品「SE115」を加え、計5機種を試した。

1万円前後のカナル型イヤホン 主なスペック
メーカー ボーズ 日本ビクター オーディオテクニカ ソニー Shure
機種名・
シリーズ名
BOSE-IE-S

HP-FX500

ATH-CKM90

MDR-EX500SL

SE115

発売日 2007年12月 2008年2月 2008年7月 2008年10月 2009年6月
市場推定価格
(※1)
1万1800円 1万3100円 1万3500円 8800円 1万円
再生周波数
帯域
非公開 8-25000Hz 20-14000Hz 5-25000Hz 20-17500Hz
ケーブルの
形状
Y字型 Y字型 Y字型 U字型 Y字型
ケーブルの
長さ
129cm 80cm 60cm 60cm 45cm
延長ケーブル 70cm 100cm 90cm 136cm
重さ(※2) 非公開 7.15g 約5g 約5g 非公開
カラー ブラック ブラック、ホワイト ブラック、ピンク、
ブルー、レッド
※1 記事執筆時の「BCNランキング」での市場推定価格
※2 イヤーパッドとケーブルを除く本体のみの重さ

 各モデルの音質を比べるため、「クラシック」「ジャズ」「J-POP」3種類の音楽をそれぞれ聴いた。試聴した楽曲は、クラシックがドビュッシーの「管弦楽のための映像 第2曲:イベリア 街の道や抜け道を通って」、ジャズが上原ひろみの「Double Personality」、J-POPが大橋卓弥(スキマスイッチ)の「はじまりの歌<additional ver.>」の3つ。携帯オーディオは第4世代iPod nanoを使用した。それではさっそく、それぞれのモデルの実力を見てみよう。

ぬくもりのある音質と低音域が強み――(1)ボーズの「BOSE-IE-S」



 ボーズの「BOSE-IE-S」は、07年12月の発売から1年半近く経つが、人気の衰えないモデルだ。“ひょっとこ”のお面のようなイヤーパッドが特徴で、耳の奥まで押し込まずに穴のくぼみに置くようにして使用する。低反発素材ではないので、遮音性はあまりない。本体の外観は近未来的でカッコイイが、プラスチックの素材ががもう少し高級感のあるものだとよかった。

ボーズの「Bose in-ear headphones」

 ケーブルはY字型で長さは129cm。そのままだと若干長い。ちなみにほかの4機種のケーブルは短めで、延長ケーブルが付属する。ただ、クリップ付きなので、余分なケーブルを挟んで服の襟などに留めれば邪魔にならない。色はブラックとホワイトのツートンカラー。この2色のケーブル、好みの問題もあると思うが、本体がブラックを基調としているのでブラック1色の方がよいと感じた。

ケーブルはブラックとホワイトのツートンカラー

 音質は、クラシックとジャズはともに、全体的にぬくもりのある音で心地よかった。ただ、ジャズの打楽器は歯切れのよさがあまりなく、いまひとつだった。J-POPは、ボーカル部分がくっきりしていない感じがしたが、ボーカル以外の音の低音域は響きがあってよかった。低音域を特徴とする楽曲や、あったかい雰囲気を味わいたい人には向いているだろう。

(左上から)イヤーパッド、アジャスタ、キャリングケース

 付属品はS、M、Lサイズのイヤーパッドと、コードクリップ、ネックストラップ、ブラックのキャリングケース。ケースはほかの4機種の中でサイズが最も大きく、携帯オーディオも収納できて便利だ。

PR

この記事の写真

  • ボーズの「Bose in-ear headphones」
  • ケーブルはブラックとホワイトのツートンカラー
  • (左上から)イヤーパッド、アジャスタ、キャリングケース
  • 日本ビクターの「HP-FX500」
  • (左)耳に装着すると本体が少し飛び出る (右)「R」と「L」の印字はあまり目立たない
  • (左から)キャリングケース、アジャスタ、2種類のイヤーパッド
  • オーディオテクニカの「ATH-CKM90」
  • (左)Y字型ケーブルでアジャスタはなし (右)本体の素材にチタンを使用、すっきりとしたデザイン
  • ソニーの「MDR-EX500SL」(ホワイト)
  • (上)「R」「L」が一目でわかる (下)本体の素材はアルミニウムを使用、ケーブルを巻きつけるタイプのアジャスタ
  • キャリングケース
  • Shureの「SE115」(ブラック)
  • (左)ケーブルを耳の後ろに回して本体を装着する (右)アジャスタ、2種類のイヤーパッド
  • キャリングポーチ

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング