ページの先頭です。


リニアPCMレコーダー普及の鍵は? 高音質な“録音新時代”、主要3社の戦略(1/2)

2009/04/13 15:00

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 音声を圧縮せずに高音質で録音できる「リニアPCMレコーダー」が人気を集めている。08年秋以降、各メーカーはICレコーダーの録音形式に「リニアPCM(WAV)」を積極的に採用。09年3月の「BCNランキング」では、1年前の08年4月と比べて台数で4倍という伸びを見せている。主要メーカー3社に販売戦略を聴いた。

ビジネスや語学学習、楽器演奏、料理教室など、幅広いシーンで活躍する

 一口にリニアPCMレコーダーといっても、大きく分けて2つの種類がある。一つは、MP3やWMAに対応する一般的なICレコーダーに、リニアPCM形式を新たに追加したもの。

 もう一つは、音声をデジタル化して録音できるテープ「DAT(Digital Audio Tape)」の技術を継承するもの。主に業務用で使われているサンプリング周波数と量子化ビット数「96kHz/24bit」に対応するものが中心で、一般的にこちらをいわゆるリニアPCMレコーダーと呼ぶことが多い。「BCNランキング」では、この2つを合わせてリニアPCMレコーダーと呼んでいる。

「CDにしたい」ユーザーに応える 消費電力にも注目――三洋電機



 07年3月から2年間、「BCNランキング」のリニアPCMレコーダーのメーカーシェアで首位をキープしているのは三洋電機。小型のボディで高音質が手軽に楽しめる「ICレコーダー+リニアPCM」タイプを販売する。「(録音した音声を)CDにしたい」というユーザーの要望に応えるため、CDと同じ音質の「44.1kHz/16bit」のICレコーダーを充実。現在同社が販売する13機種のうち9機種が対応している。

三洋電機の主な「44.1kHz/16bit」対応モデル
(左からICR-PS1000M、ICR-PS603RM、ICR-PS503RM)

 CD化を望むユーザーの声を考慮した結果、自然の音やSLの駆動音などを録音するいわゆる「生録(なまろく)」向けの音質「『96kHz/24bit』に対応しても意味がない」と、三洋電機 デジタルシステムカンパニー DI事業部 DI商品部 DA商品課の加藤圭太課長は断言する。

 「『96kHz/24bit』にすれば、大型マイクなど(高音質で録音するための機構)が必要になり、本体が大きくなる。扱うデータ量や消費電力も増える」とデメリットを語る。音楽関係者やプロが主に使っている音質「96kHz/24bit」に対応した製品は発売しない考えだ。

 ところで、三洋電機のICレコーダーは、独自の半導体を搭載し消費電力が小さいのが特徴だ。そのため、08年秋以降に発売した新モデルはすべて単4形または単3形乾電池1本で駆動でき、MP3形式の場合、他社の製品と比べて電池の持続時間が長い。多くのモデルは単4形乾電池2本なので、その分本体サイズも小型化できる。

三洋電機の主なカードスロット搭載モデル
(左からmicroSD/SDHCカード対応のICR-RS110M、SD/SDHCカード対応のICR-S003M)

 さらに、記録媒体にmicroSD/SDHCカードやSD/SDHCカードが使えるカードスロット搭載モデルが8機種と多い。もし内蔵メモリを使用すれば、容量違いの豊富なラインアップを家電量販店で展示でき、販売台数が増える。しかし、カードスロットだとラインアップが増やせず、メーカーにとってはデメリットになるという。

 「自分の首を絞めることになる」と加藤氏は苦笑する。しかも、メモリカードメーカー各社が販売するカードの動作検証に時間とコストもかかる。しかし、「メモリカードで用途ごとにデータを管理したい」とユーザーから要望が多く寄せられたため、導入に踏み切った。三洋電機はこうした他社にはない付加価値で差異化を図る。

性別・年齢で細分化するユーザーの利用シーンに訴求――ソニー



 一方、09年2月の「BCNランキング」のリニアPCMレコーダーのシェアで2位に躍り出たソニー。09年1月の6位からランクアップした理由は、ICレコーダーとして初めて「44.1kHz/16bit」のリニアPCM形式を採用した上位モデル「SXシリーズ」を発売したためだ。カラーバリエーションを合算したシリーズ別のリニアPCMレコーダーの販売台数シェアでも、容量2GBの「ICD-SX800」が1位を獲得。3月も1位をキープし、人気を集めている。

「44.1kHz/16bit」に対応するソニーの「SXシリーズ」
(左から容量4GBのICD-SX900、2GBのICD-SX800)

 「リニアPCMレコーダーの上級機『PCM-D50』『PCM-D1』の手応えは感じていた。また、『リニアPCMレコーダー』という言葉の認知度の向上も後押しした」。ソニーマーケティング パーソナルAVマーケティング部 パーソナルAVMK課の家喜(いえき)大輔マーケティングマネージャーは、「SXシリーズ」誕生の背景をそう振り返る。

★三洋、ソニーに続き、「ボイストレック」シリーズのオリンパスに販売戦略を聴く

PR

この記事の写真

  • 三洋電機の主な「44.1kHz/16bit」対応モデル
  • 三洋電機の主なカードスロット搭載モデル
  • 「44.1kHz/16bit」に対応するソニーの「SXシリーズ」
  • ソニーの「PCM-D50」と「PCM-D1」
  • オリンパスの「44.1kHz/16bit」対応モデル3機種と「96kHz/24bit」対応モデル1機種
  • デジタル一眼レフカメラ「E-620」と「LS-10」をセットで販売する「鉄撮りキット」キャンペーンを展開

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング