ページの先頭です。


ダントツの省エネ液晶テレビ「BRAVIA JE1」開発秘話(1/3)

2008/08/25 19:40

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 世界的に環境保護の気運が高まり、家電メーカー各社も環境対策に力を入れている。そんななか、ソニーは業界No.1という低消費電力の液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア) KDL-32JE1(JE1)」を7月に発売した。「省エネNo.1」をうたう「JE1」は、どんな狙いで開発されたのか。担当者を取材した。


●省エネNo.1の液晶テレビを他社よりも早く出すことを目指す

 「KDL-32JE1」は、画素数が水平1366×垂直768で、画面サイズが32V型の液晶テレビ。光沢塗装の高級感あるデザインで、シルバーとシャンパンゴールドのカラーバリエーションで展開する。

 最大の特長は圧倒的な省エネ性能だ。年間消費電力量は86kWh/年。05年に発売したBRAVIA1号機の32V型モデルよりも年間消費電力を半分以下にまで減らした。消費電力は150Wから89Wまで削減。。省エネ基準達成率も232%を達成している。

 「省エネ基準達成率」とは省エネ法に定められた目標基準値に対する達成率を表す数値のこと。32V型の液晶テレビの場合、年間消費電力量が200kWh/年が100%に相当する。86kWh/年のJE1は業界初の200%を超えた液晶テレビだという。

 ソニーではCO2削減に積極的に取り組んでいる。同社はWWF(世界自然保護基金)の温暖化対策プログラム「クライメート・セイバーズ・プログラム」に参加し、今年2月にはハワード・ストリンガー会長が温室効果ガス削減を宣言。手がける製品では最もCO2排出量が多い、液晶テレビで対応に乗り出した。

 こうした取り組みを受け、「ダントツの低消費電力の液晶テレビを業界で先駆けて出したかった」と、商品企画を担当したテレビ事業本部商品企画部の長原絵美さんはJE1開発の狙いを話す。

 一般に消費者がテレビの購入理由で環境対応を選ぶ重要度は決して高くはないといわれている。しかし、長原さんは消費者の環境意識は高まっており、省エネモデルのニーズはあると感じていたという。

 「『エコ』や『環境』という言葉は今、買物の軸になっています。特に女性はその意識が高い。白物家電では低消費電力の省エネ製品を当たり前のように選んでいます。家電の購入で家族の中で一番反映されるのは主婦などの女性の意見。だから、これからAV機器も白物家電のような省エネ性能が必ず求められてくると思った」と、長原さんは説明する。

 JE1は7月の発売を目指し、3月から企画がスタートした。約4か月という短期間で商品化が進められたのは「環境がテーマの洞爺湖サミットが開催されて、世間の関心が高まる時期に何としても間に合わせたい」(長原さん)という考えがあったからだ。

 製品は32V型モデルから着手した。「リビング、寝室や子供部屋といったセカンドユースにも対応できて、市場のボリュームが大きい」(長原さん)ことが理由だ。

●圧倒的な省エネ性能の裏に商品化を目指した技術者の想いあり

 JE1は3つの新技術を導入して高い省エネを実現した。1つは発光効率が高い蛍光管の採用。1本あたりの蛍光管を効率よく光るようにして、バックライトに使う本数を減らした。


 2つめは供給電圧の削減。低い電圧でも蛍光管が十分に光るようにした。3つめは透過率が高い光学フィルムの使用で、光のロスを少なくした。これらの技術を使うことで省エネだが従来機種と変わらない画質を確保したという。

 実は、3つの技術は07年秋には開発済みだった。そのため、JE1は短期間で製品化ができた。しかし、省エネ技術は開発当初、「それを生かす商品企画がなかった」と、井原優・テレビ事業本部品質保証部門社会環境室環境マネージャーは説明する。

 「開発した技術を何とかして商品化したかった。そこで技術者と内容をまとめて、経営陣にアピールした」と、井原マネージャーは振り返る。その訴えは社内の環境保護の取り組みも追い風となり、結果、役員からゴーサインをもらうことができた。

 しかし、その時点ではまだ具体的な企画はなく、技術を生かせる製 品を求めていた。一方、商品企画では長原さんが省エネ液晶テレビのアイデアを温めており、技術に打診したことで、JE1の企画と結び付いた。

PR

この記事の写真

関連キーワード


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング