ページの先頭です。


iPhone 3Gと暮らして1週間、使い倒してわかったこと(1/2)

2008/07/18 16:46

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 7月11日に発売されたiPhone 3G。発売日当日、駅からほど遠い量販店で16GBのホワイトモデルをゲットした。店には近くのソフトバンクショップよりも多い8台が入荷したという。それから1週間、とことんいじり倒してみた。

●料金は納得のレベルだが、iTunesのいきなりの不具合に落胆

 iPhone 3G 16GBモデルの実質負担額は3万4560円。月額料金は、ホワイトプラン(980円)とS!ベーシックパック(315円)に加えて、パケット定額フル(5985円)の7280円。分割金は3360円の24回払いで、その間1920円の割引が適用される。月々、8720円の最低料金となるわけだ。

 パケット料金がスライド制ではなく、定額制になったのは痛いが、NTTドコモの「Biz・ホーダイ」と同じ料金なので、納得のレベル。何をするにも勝手に通信してしまうiPhoneには定額制は必須だ。

 iPhoneの契約に出向き、事前知識の補完の意味も含めていろいろ質問していたら、店舗のスタッフから「iPhone ステューデントワークブック」という冊子を渡された。店頭スタッフの教育用ガイドブックのようで、ありがちな質問や販促テクニックがわかりやすく解説してあった。iPhoneの説明書は非常にシンプルなので、こちらのガイドブックが欲しいところだ。


 早速持ち帰って、箱を開く。ケースはコンパクトだが、アップルらしくセンスがいい。端末を出したら、まずは付属のピンを使って本体上面からSIMカードを装着。このSIMカードはiPhone専用で、ほかのキャリアはもちろん、ソフトバンクの端末に入れても動作しない。続けて、最新の「iTunes 7.7」をインストールしたメインマシンに接続。感激の一瞬かと思ったら、「AppleMobileDeviceHelperは動作を停止しました」というエラーダイアログ開き、困ってしまった。PCに問題があるのかと思い、別のPCで試してもまったく同じ症状。アクティベーションをしなければ、何もできないので冷や汗ものだったが、強引にいじっていたら、なんとか認証は成功した。


 とはいえ、PCとの接続はできない。「もしやMacなら」と思い、手持ちのMacBookにつないだところ、あっけなく認識できた。Windows版の不具合だったようだが、多くの環境で再現するのでアップルが知らなかったとは考えにくい。どうしようもないとしても、事前に何らかの方法でアナウンスして欲しかった。


●大きな液晶は存在感抜群! ヘッドフォンは操作スイッチ付き

 iPhone 3Gの液晶サイズは3.5インチ(480×320ドット)と、ケータイとしてはダントツに大きく見やすい。薄さは12.3mmとスリムで、重さは133gと平均レベル。ただし、幅が62.1mmあるので、一般的なケータイよりも大きく感じる。背面は樹脂製だが、チープさはなく、持っていて楽しくなるデザインだ。



 端末についているボタンは全部で3つ。ヘッドフォン端子と電源ボタンは上面、左サイドに音量ボタン、スピーカーは下面に備わっている。音量ボタンの上には、消音スイッチを装備。どのケータイにもマナーモードはあるが、金属製のスイッチを搭載しているのが独特だ。そして、正面の下側にはすべての起点となるホームボタンがある。


 付属のヘッドフォンはさほど音質の良いものではないが、再生や一時停止、早送りなどを操作できるスイッチが付いている。人の声やアナウンスを聞き取るときに、手軽に一時停止できるのは便利だ。音楽を聴いている時に電話がかかってくると、フェードアウトしてから着信音が流れる。本体をバイブ設定にしていても、ヘッドフォンからは着信音が鳴るのだ。着信音の音量は、音楽を聴く際の音量とは別に設定できるのもうれしいところ。

 PCとのデータの同期や充電はUSBケーブルを使う。このUSBケーブルをつなぐACアダプタも付属している。ACアダプタは幅25×奥行き25×高さ45とコンパクトだが、金属部分を折りたためないのが残念。しっかり持って力を入れないと、USBケーブルを外せないのも気になった。

PR


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング