ページの先頭です。


ドコモ、携帯動画サービスに対応した906i/706iシリーズ新製品19モデル

2008/05/27 21:27

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 NTTドコモ(中村雅夫社長)は5月27日、携帯電話の新製品として、「906iシリーズ」8モデル、「706iシリーズ」11モデルの合計19モデルを6月1日から順次発売すると発表した。また、携帯電話用動画サービス「ドコモ動画」を6月に開始することも明らかにした。

 半田清人・執行役員プロダクト&サービス本部・プロダクト本部長は「お客様の要望に対する3つの答え(Answer)を紹介したい。ライフスタイルに合わせたファッショナブルな『706iシリーズ』。よりハイスペックな端末が欲しいという方へ『906iシリーズ』。そして、ドコモからの新しい価値の提供として『ドコモ動画』を開始する」と、今回の製品とサービスの狙いを明かした。

 「906iシリーズ」は、従来の「905iシリーズ」から動画性能をさらに強化した「オールラウンド動画ケータイ」がテーマ。いずれのモデルも「iメニュー」のトップ画面に動画ポータルのメニューを設置するなど、動画視聴機能を強化した。

 シャープ製の端末「SH906i」は、タッチパネル「光TOUCH CRUISER」を搭載し、ワンセグやカメラデータBOXなどを直感的に操作できる。カメラは有効5.2メガのCMOSを搭載。静止画・動画ともにタッチ操作に対応するほか、広角29mmでの撮影も可能。本体サイズは幅49×高さ112×厚さ18.6mm。カラーはBlue、White、Black、Pinkの4色。

 NEC製の「N906iL onefone」は、自宅のブロードバンド回線を利用して高速・大容量通信が可能な「ホームU」サービスに対応する。無線LANルータを介して、対応エリア内であれば送受信ともに最大54Mbpsのパケット通信が可能。サービス利用には月額1029円と、「FOMA新料金プラン」で「パケ・ホーダイ」もしくは「パケ・ホーダイフル」の申し込みが必要。本体サイズは幅49×高さ109×厚さ19.6mm。カラーはBrownとSilverの2色。

 その他のモデルとしては、ソニーの液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の液晶技術を利用した「SO906i」、指紋センサーを搭載する「F906i」、内蔵カメラに笑顔検出機能を搭載した「N906i」、タテ・ヨコ2方向に開ける「Wオープンスタイル」採用の「P906i」、シャープ製液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」の映像技術を利用した「SH906iTV」、人気ブランド「Samantha Thavasa(サマンサ タバサ)」とコラボしたカラーのある「N906iμ」をラインアップした。

 一方、「706iシリーズ」は「個性派スリム」をテーマに、全モデルでワンセグ視聴に対応するとともに、ユーザーのライフスタイルに合わせ、端末ごとにさまざまな特徴を持たせた11モデルをラインアップ。

 「F706i」は、IPX5とIPX7相当の防水性能をもつ「ウォータープルーフ・スリム・ワンセグケータイ」。浴室やキッチンでも、本体が濡れることを気にせずワンセグを視聴できる。視聴中に次の番組名や開始時間を表示する機能も搭載する。本体背面には開閉時や着信時に70種類の中からパターンを設定できるフローティングイルミネーションを採用した。本体サイズは幅49×高さ108×厚さ16.9mm。カラーはCrystal Blue、Jewel White、Sparkling Pink、Precious Blackの4色。

 「P706iμ」は、側面ボタンを押すだけで本体が開く「ワンプッシュオープン」対応端末として世界最薄の厚さ9.8mmのスリムボディが特徴。本体にはステンレス素材を採用し、耐久性にも配慮した。半田氏は「世界最薄レベルの携帯にワンセグを入れ、従来は実現しにくかった薄さとワンセグ機能を両立できた」と、製品の出来に自信を見せた。本体サイズは幅50×高さ109×厚さ9.8mm。カラーはRED、BLUE BLACK、CHAMPAGNEの3色。

 そのほか、健康支援サイトと連携し一日の歩数や消費カロリーで食生活のアドバイスをしてくれる「SH706iw」や、インテリアブランド「Francfranc(フランフラン)」とコラボした「N706i」、約80gの軽量ボディが特徴の「NM706i」、フルワイドVGA液晶搭載の「SH706i」、着せ替えパネルを用意する「SO706i」などを用意する。

 また「誰にでも使いやすいケータイ」をコンセプトにしたバリエーションとして「706ieシリーズ」を用意。ボタンや画面表示を大型化し、操作性を重視している。ラインアップは「L706ie」「SH706i」「N706ie」「P706ie」の4モデル。半田氏は「『ie』の『e』はエンジョイ、イージーの『e』。使いやすく楽しい端末でライフスタイルを豊かにしてもらいたい」と語った。

 また、今回の新製品発売に合わせ開始する動画サービス「ドコモ動画」では、14ジャンル、100番組の視聴が可能な「Music&Videoチャンネル」や「iアプリムービー」に対応するほか、ビデオクリップのダウンロードも可能。対応する端末はすべての「906iシリーズ」と、「706iシリーズ」の一部。発表会には人気アイドル「AKB48」のメンバー5人が訪れ、新曲のPVなどを「ドコモ動画」向けに独占配信することを明らかにした。

 中村社長は「今回の新製品は、今後ニーズが高まる動画をキーワードに、ユーザーの声を開発に生かしてきたが、まだ我々の取り組みとしては序章に過ぎない。本格的な携帯動画時代の幕開けに向け、ユーザーに確実に満足してもらえる企業になっていきたい」と挨拶した。

PR


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング