ページの先頭です。


薄型ノート「MacBook Air」実機に触って―アップルが作った本気のモバイル(1/3)

2008/01/17 20:25

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 米サンフランシスコで1月15日(現地時間)に開幕した「Macworld Conference & Expo 2008」。このイベントの開幕を飾る基調講演で、米Apple社のスティーブ・ジョブズCEOは、超薄型のモバイルノート「MacBook Air」や、「iTunes Store」での映画のレンタルサービスなどを発表した。昨年度は携帯電話の「iPhone」を発表。今年も世界中のIT業界の注目が集まっていた。


 日本時間16日午前2時頃から始まったジョブズ氏の基調講演は、夜が明けて午前10時から、東京・銀座の直営店「Apple Store」で報道関係者向けにビデオ上映された。まずは、その基調講演の内容の一部を紹介。続いて、「MacBook Air」の実機に触れての感想などをお伝えしよう。

●スティーブ・ジョブズCEOによる注目のMacworld基調講演

 ジョブズ氏はまず、最新OS「Mac OS X 10.5 Leopard」の販売本数が、07年10月26日の販売開始から最初の3か月で500万本に達したと報告。次に、マイクロソフトから統合オフィスソフト「Office 2008 for Mac」が同日から出荷開始になったと話した。これにより、主要ソフトがすべて、インテル製CPUを搭載したMacでネイティブに動作するようになり、「Leopard」を使う環境が整ったとまとめた。

 ジョブズ氏は、「今日は4つのお知らせがある」と前置きして話を続けた。1番目は、「Leopard」に搭載されている自動バックアップ機能「Time Machine」に最適化されたストレージ製品「Time Capsule(タイムカプセル)」の発表。これは、IEEE802.11n対応の無線LANルータ「AirPort Extremeベースステーション」とHDDを一体化したもの。HDD容量500GBと1TBの2タイプを用意し、2月から出荷を開始する。価格は500GBモデルが3万5800円、1TBモデルが5万9800円。

 2番目は「iPhone」について。iPhone用のアプリを作成できるソフトウェア開発キットを2月後半に公開するほか、iPhoneに新たにいくつかの機能を追加すると発表した。新機能は、「Maps」での位置情報のサポート、Web clip(ホーム画面に直接ウェブサイトのブックマークを配置できる)機能、SMS同報機能の追加など。また、ビデオ再生時のチャプター、字幕、多言語をサポートし、音楽再生時の歌詞表示も可能になる。

 これらの機能は、今後発売されるiPhoneは最初から、既存のiPhoneユーザーは無償のソフトウェアアップデートを適用すると利用できる。一方、iPhoneと同じインターフェイスを採用する「iPod touch」は、ソフトウェアをアップグレード。価格据え置きのまま、新たにMail、Maps、Stocks、Notes、Weatherの5つのアプリを追加する。これらの新アプリは、既存のiPod touchユーザーも、2480円でダウンロード購入することができる。

●iTunes Storeで映画のレンタル開始、08年中にはワールドワイドで展開

 3番目は、音楽・動画配信ストアの「iTunes Store」に関する話だった。iTunes Storeでは、これまでに40億曲を販売。昨年末のクリスマスシーズンには、たった1日で2000万曲を販売した日もあったという。テレビ番組は1億2500万本、映画は700万本を販売した。

  「そのiTunes Storeで、映画のレンタルを開始する」とジョブズ氏は発表。参加する映画会社は、Touc hstone、MGM、Miramax、Lions Gate、Fox、Warner Brothers、Walt Disney、Paramount、Universal、Sony picturesといったハリウッドの主な映画会社がズラリと顔をそろえた。北米でのレンタル開始は同日からで、ラインアップは2月末には1000タイトル以上となる予定。価格は、旧作品が2.99ドル、新作が3.99ドル。

 レンタル期間は30日間だが、いったん視聴を始めると、視聴可能時間は24時間以内となる。ただし、24時間以内であれば、何度でも繰り返し視聴できる。もちろん、iPodに転送して視聴することも可能。当初は米国のみのサービスだが、08年中にはワールドワイドで展開する予定という。気になるのは日本での開始時期。日本法人のアップルジャパンに確認したところ、現時点では「ワールドワイドでの展開が08年中」ということ以外、アナウンスできることはないとのことだ。

●新Apple TVで、理想のセットトップボックスに再チャレンジ

 「iTunes Store」での映画レンタルサービスの開始にあわせて、昨年発売した「Apple TV」のソフトウェアも一新した。新しいApple TVでは、MacやPCを介さずに直接「iTunes Store」にアクセスし、レンタルした映画を家庭のテレビで再生することができる、DVDクオリティの作品のほか、「Apple TV」では、HD画質、ドルビー5.1chサラウンドの作品も見ることができる。HDバージョンの映画レンタルは2月末に開始予定で、レンタル料は旧作が3.99ドル、新作が4.99ドル。なお、既存のApple TVユーザーに対しては、今月中に新しいソフトウェアを自動ダウンロードによって無償で提供する。

 ここで、iTunes Storeでの映画レンタルに最初に合意した20世紀Foxの会長兼CEOのジム・ジアノプロス氏がステージに登場。「iTunes Storeでの画期的な映画レンタルによって、より多くの人に映画を楽しんでいただくための選択肢を増やすことができた」と讃辞を贈った。

●封筒にだって入る世界最薄のノートPC、MacBook Air登場

 そして、いよいよ4番目に発表されたのが、超スリムな「MacBook Air」である。ジョブズは、「MacBook Airとは何か? 一言でいえば、世界でもっとも薄いノートPCだ。封筒にだって入る」と言って、本当に封筒からMacBook Airを取り出してみせた。

PR

この記事の写真


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング