ページの先頭です。


デジタル一眼どれ選ぶ? 売れ行きからみたこの冬の人気モデルトップ10(1/3)

2007/12/19 16:10

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 デジタル一眼レフカメラの売り場がホットだ。07年後半でキヤノン、ニコンの2強に加えてソニー、オリンパス、松下電器産業が相次いで新製品を発売。中級機のラインアップも充実しはじめ、年末商戦の目玉の1つになっている。注目が集まっているデジタル一眼の売れ行きを「BCNランキング」で集計、人気モデルやメーカーの勢力図など、最新情報をまとめた。

●エントリーモデルの「Kiss」、人気依然衰えず

 まず最新の売れ行きを機種別でみていこう。12月10?16日の1週間で上位10機種のランキングを作成した。1位と2位はキヤノンとニコンのエントリーモデル「EOS KissデジタルX」「D40x」がそれぞれランクインしている。

 1位はキヤノンの「EOS KissデジタルX」。発売以来1位を独走しており、今、日本で最も売れているデジタル一眼レフカメラといっていい。販売台数シェアは26.2%。19日にBCNが集計したボディのみの市場推定価格(以下同)は6万2100円。センサーサイズの規格であるAPS?Cに準拠した22.2×14.8mmの有効1010万画素CMOSセンサーを搭載。センサーについたホコリを超音波でふるい落とす「セルフクリーニングセンサーユニット」も備えている。

 最大の特徴は女性でも持ちやすい大きさで、重さもボディのみで510gと軽いことだ。カラーはブラックとシルバーの2色で、それぞれに標準ズームレンズがセットになったレンズキットと、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本がセットになったダブルズームキットをラインアップしている。


 2位のニコン「D40x」はシェア22.2%で、推定価格は6万2800円。同社が「ニコンDXフォーマット」と名づけているAPS?C準拠の23.6×15.8mmの有効1020万画素のCCDセンサーを搭載する。6位にランクインする有効610万画素の「D40」の後継モデル。06年12月に発売された「D40」は発売後の人気からわずか3か月で有効1020万画素にスペックアップした「D40x」として発売された。重さは495gで1位の「KissデジタルX」よりも軽い。

 ただし、「軽い」というメリットと引き換えに注意しなければいけない点もある。「D40x」と「D40」はレンズ内にモーターを内蔵するレンズでなければオートフォーカス(AF)が機能しないのだ。ニコン純正レンズならレンズ名称の頭に「AF-S」「AF-I」がついて入れば使用できる。もちろんこのほかのレンズもマニュアルでピント合わせを行うなら使用できる。カラーはブラックとシルバー、標準ズームがセットになったレンズキットと、標準ズームと手ブレ補正機能「VR(Vibration Reduction)」搭載の望遠ズームの2本がセットになったダブルズームキットをラインアップする。


 4位にはシェア12.1%でキヤノン「EOS 40D」が入った。8月31日発売の中級デジタル一眼レフで、APS-C準拠の有効1010万画素CMOSセンサーを搭載する。ボディのみの推定価格は12万6900円。秒間6.5コマの高速撮影やライブビュー機能、3インチの液晶モニターに「セルフクリーニングセンサーユニット」などを備える。また最大でISO3200までの高感度撮影も可能。高感度撮影時などに画像のザラツキを減少させる「ノイズリダクション」機能や、ハイライト側の白トビを抑える「高輝度・階調優先」機能など画質面で実用性が高い機能も備えている。

PR


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング