ページの先頭です。


ソニー、世界初の有機ELテレビ発売、技術のソニー復権をアピール

2007/10/01 20:41

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ソニー(中鉢良治社長)は10月1日、世界初の有機ELテレビ「XEL-1」を12月1日に発売すると発表した。画面サイズは11V型で、価格は20万円。「技術のソニーが復権する象徴」(中鉢良治社長)する戦略商品と位置づけ、月産で2000台を製造。画質にこだわるユーザーなどをターゲットに販売する。



 パネルには、独自の技術で開口率と光の取り出し効率を高めた自社開発の有機ELパネル「オーガニックパネル」を採用。有機ELは自発光方式のためバックライトが不要。そのため、液晶やプラズマテレビよりも薄型化が可能だが、ソニーではさらに、有機EL素子をパネル内に完全に固定する構造を開発することで、最薄部約3mmという超薄型パネルに仕上げた。



 有機ELが電流をゼロにすると画面が完全に黒になるため、「最低でも1000000:1以上で自社の測定器を超えるコントラスト比」(白石由人・テレビ事業部E事業開発部長)を実現。明るさが異なる夜のネオン映像などでも、深い黒やくっきりとした陰影を表示できる。

 NTSC比は110%で暗い映像でも色の崩れがないという。輝度は600cd/m2で、太陽光や金属の反射光、花火など強い輝度の映像も自然な再現が可能。応答速度は液晶を超えるマイクロ秒で、光の消灯時に黒色を挿入することで、スポーツなど動きの速い映像を、なめらかに映し出せるようにした。



 テレビ機能も充実させた。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載するほか、地デジの室内アンテナを内蔵。ブラウザ機能、静止画専用画質モードといった液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」に搭載する機能も盛り込んだ。LANを使って他の機器のコンテンツを楽しめる「ルームリンク」やデジタルテレビ向けネットサービス「アクトビラ ベーシック」にも対応する。本体サイズは287×140×253mm、重さは2.0kg。

 発表会では中鉢良治社長が急遽登壇し、「今回の商品はテレビ市場における反転攻勢の旗印。これからもソニーらしい夢のあるとんがった技術を追求していきたい」と、意気込みを示した。



 一方、井原勝美副社長は、「有機ELテレビが、すぐに液晶テレビに取って代わるわけではないが、液晶の次に位置づけられる非常に重要な技術。まずは年末商戦で未体験の高画質を体験してほしい。一か月2000台は十分に計算できる数字」と、年末商戦に向けての自信を見せた。



ソニー=http://www.sony.co.jp/
「XEL-1」=http://www.sony.jp/products/Consumer/oel/


■関連記事
ソニー、世界初の有機TFTを使ったフルカラー有機ELディスプレイ
東芝松下ディスプレイテクノロジー、世界最大の21型有機ELディスプレイ

PR


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング