ページの先頭です。


ドコモ、スマートフォン新シリーズを発表、富士通、HTC製2端末を投入

2007/08/30 22:00

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 NTTドコモは8月30日、Windows Mobileを搭載したFOMAのスマートフォン「1100」シリーズを発表した。携帯電話のような使い勝手と薄さが特徴で、第1弾として台湾のHTC製端末「HT1100」と富士通製端末「F1100」を08年1-3月に発売する予定。法人ユーザーだけでなく、一般ユーザーにも販売することで、今後個人ユーザーの拡大が見込まれるスマートフォン市場でシェア獲得を狙う。


  HTC、富士通製端末ともにOSにWindows Mobile 6を搭載しており、ウェブサイトの閲覧やメールの送受信が可能。「HT1100」は「Professional」、「F1100」では「Standard」のバージョンを採用した。

  下りの通信速度が3.6Mbps(メガビット/秒)の3.5世代携帯電話「HSDPA」に準拠した高速データ通信サービス「FOMAハイスピード」に対応。法人向けパケット定額サービス「Biz・ホーダイ」も利用できる。ウイルス対策では「セキュリティスキャン」を標準搭載した。2端末ともに価格は新規契約で3-3万5000円前後になる見込み。

  「HT1100」は、2.6インチのタッチパネルディスプレイとHTCの独自ユーザーインターフェイスソフト「TouchFLO」を搭載。電話帳や通話操作をはじめ、ブラウザやフォトアルバム、メールのスクロールが指だけで行える。スライド式テンキーも装備する。



  独自の待ち受け画面「HTC Home」も搭載しており、時刻や天気予報、ランチャーなどを表示することができる。そのほか、「YouTube Mobile」の動画を再生できるプレーヤーやオーディオプレーヤー、海外でも利用可能なFMラジオ、Bluetooth機能なども盛り込んだ。国際ローミングサービスに対応しており、GSM、GPRS方式の通信も可能。カラーはスマートブラック、パールホワイト。




  サイズは高さ107×幅55×厚さ16.5mm、重さは約120g。メインカメラは有効約200万画素CMOS。3Gサービスでの連続待ち受け時間は約270時間、連続通話時間は約160分。外部メモリはmicroSDカード。HTCの周永明(ピーター・チョウ)CEOは、「ドコモとともに画期的な製品を紹介できて誇りに思っている」と述べた。

  一方、「F1100」は、IEEE802.11a/b/gの無線LAN機能を搭載。対応予定のドコモの企業向けIPソリューション「PASSAGE DUPLE(パッセージ・デュプレ)」「ビジネスmoperaIPセントレックス」を利用すれば、企業用のIP内線電話としても使用できる。非接触IC「FeliCa(フェリカ)」も搭載しており、オフィスの入退室カードとしても利用できる。



  インターフェイスには、携帯電話と同じようなキー操作が可能なスライド式テンキーを採用し、待ち受けも携帯電話に似た独自画面を搭載した。ユーザーが任意の機能を割り当てられるワンタッチキーも備える。



  また、指紋認証による端末ロック解除機能をはじめ、遠隔データ初期化機能などビジネス向けの充実したセキュリティ機能を盛り込んだ。カラーはダークワイン。



  サイズは高さ112×幅51×厚さ16.9mm、重さは約130g。メインカメラは有効約131万画素CMOS。連続待ち受け時間は約500時間、連続通話時間は約160分。外部メモリはmicroSDカード。富士通では企業向けソリューションでの販売も予定しており、伊藤公久・経営執行役上席常務は「富士通ならではのソリューションのキーコンポーネントとして力を入れていく」と話した。

  ドコモの永田清人執行役員は「11000」シリーズについて「新しいチャレンジとして、法人ユーザーを取りに行きたい」と意気込みを述べ、「スマートフォンユーザーが不満に思っている『大きい』『速度が遅い』『ケータイのように使えない』を起点にした」と携帯電話に似た形の端末を開発した意図を述べた。また、ソフトバンクモバイルとウィルコムを競合相手に挙げ、「他社にないケータイ型の新端末でシェアを奪うことはできる」と自信を見せた。

  ドコモではカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)社製のスマートフォン「Black Berry(ブラックベリー)」をすでに販売しているが、永田執行役員は新端末とのすみわけについて「ソリューションとしてシステムを一括導入する企業には『Black Berry』、既存のIT設備を利用しながらシステムを構築したい企業には今回の新端末という形で販売を分けることが可能」との見方を示した。


NTTドコモ=http://www.nttdocomo.co.jp/
富士通=http://jp.fujitsu.com/
HTC=http://www.japan.htc.com/
「HT1100」
「F1100」


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯電話)

本日の機種別ランキング(PHS)
HTC、3GとGSM対応スマートフォン「HTC X7501」「HTC P3600」を9月に発売
RIMとドコモ、スマートフォン「Black Berry」本格展開に向け日本語版発売
ウィルコム、小さくて使いやすい新スマートフォン「Advanced/ZERO3[es]」

PR


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング